« フランス家庭料理 NO.5 | トップページ | フランクリンってだれ?(奥さまは魔女より) »

フランス家庭料理 NO.6

culture_francaise_jul_30_05_001

culture_francaise_jul_30_05_003

本日お料理教室で習いました。
左の写真は「Boeuf aux tomates et au basilicz(ブッフ・オ・トマト・エ・オ・バジリック)」と言います。トマトとロースとビーフ、バジルの葉を何層にも重ねてビネグレットソースをかけたものです。冷たい料理なのでこの暑い時期にはちょうど良いですね。重ね切れなかったものは、サラダの材料になりました。野菜がたくさん食べられるので野菜不足のときにはぴったりです。右のデザートは「Le quatre-quarts mabre(キャトル・キャール・マブレ)」と言うもので、全ての材料(粉、卵、バター、砂糖)を同量にして作りました。今回はカカオの粉と普通の小麦粉と2種類の生地を作りさっくりと軽く混ぜて焼き上げたので、ご覧のようにマーブル状の生地が出来上がったのです。

|

« フランス家庭料理 NO.5 | トップページ | フランクリンってだれ?(奥さまは魔女より) »

フランス食文化について」カテゴリの記事

コメント

まさきさん、コメントありがとうございます。お料理も習ったもののそれっきりと言うものもありますので…あまり上達していない部分もあります(^ ^;)なので見た目ほど料理上手にはなっていません!

投稿: MIMI | 2005/08/01 12:36

こんばんわ☆
今回も素敵なお料理ですね。
私には作れそうにありませんけれど・・・(^_^;)
MIMIさんの素敵なお料理が食べられる幸せな方がうらやましいです☆

まさき

投稿: まさき(^^) | 2005/07/31 23:49

Micさんまたまたコメントありがとうございます。ビネグレットは玉葱をみじん切りにして、そこにビネガーとオリーブオイル、塩、胡椒で味を整えたソースです。夏場のさっぱりしたものが食べたい時にはお勧めですよ。おためしあれ~!

投稿: MIMI | 2005/07/31 22:24

美味しそうですね
ビネグレットソースはどんな味なんですか?
ビネガー味?ではないんですよね?  (^o^)v
デザートもボリュームがあって、お腹が一杯になりそうですね。

投稿: mic | 2005/07/31 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/5236711

この記事へのトラックバック一覧です: フランス家庭料理 NO.6:

« フランス家庭料理 NO.5 | トップページ | フランクリンってだれ?(奥さまは魔女より) »