« オペラ 「フィガロの結婚」 | トップページ | フランス家庭料理 NO.7 »

こんなフランス語の勉強もあり?

0844212334

べつにこんなことしなくても、「オペラ座の怪人」の本っていくらでもあるし、日本人なんだから日本語で書かれた本を読むのが手っ取り早いのは重々承知です。でも、もともとはガストン・ルルーというフランス人作家が、20世紀初めの頃に書いたこの小説の日本語訳を読んでもかなり分かりずらい。したがって原書でそのまま読もうものならどうなるのか・・・考える余地はありません。

そこで、思ったより大きいこの本の登場です。

フランス語の学習者向けの語学本です。平易なフランス語に書き直され、さらに各章が要約されているために非常に読みやすくなっています。しかも、途中途中にはいろ~んな映画の1シーンやイラストなども盛り込まれていて、そのまとまりのなさがビジュアル的に面白い。

各章末にはオペラ座やフランスに関して調べ物をしましょう、との宿題や本文に関する○×問題、ロールプレイをしましょう!とのことでクラスのお友達と読み合わせごっこなど、子供の頃の勉強風景を思わせるものがあります。また、「エリックと侵入者(ここではペルシャ人)との出会いを想像して書いてみましょう」と言った、そんなこと知るか!と言いたくなるような、生徒泣かせの問題が必ず各章末に出てきます。

あえて、このためだけにフランス語を勉強しましょうとは言いませんが取り合えず参考まで。。。


|

« オペラ 「フィガロの結婚」 | トップページ | フランス家庭料理 NO.7 »

フランス語のお勉強」カテゴリの記事

コメント

まさきさん、こんにちは。
そうです、実はこれで勉強しているんです~私の教科書なのです。英語はバッチリではないです。ネイティブ目指して修行の身です(笑)

投稿: MIMI | 2005/09/20 12:24

おはようございます(^_^)
是非、フランス語のお勉強にトライしてみてはいかがでしょうか(^_^)?
もしかして、MIMIさんは英語はバッチリなのですか?
お料理やお菓子を作る時は、フランス語の本が膨大にあると聞いたことがあります。
きっと、出来るようになると楽しそうですね(*^_^*)

まさき

投稿: まさき(^^) | 2005/09/20 06:29

らいむさん、ルルーが「オペラ座の怪人」を書いたのはすでにご存知かと思ってました!いろんな人たちが一斉に出てきて、いろいろと話しているような物語です。ゆーっくり読まれといいかも。

投稿: MIMI | 2005/09/19 18:32

ほほさん、もちろん読めますよ~フランス語勉強すれば(笑)韓流ブームで最近は韓国語ブームですね。私には象形文字みたいに見えるので、たぶんそちらにはいけませんが・・頑張ってください!

投稿: MIMI | 2005/09/19 18:30

『オペラ座の怪人』って、ガストン・ルルーが書いたものだったんですね。初めて知った! 昔々、読んだなぁ、『黄色い部屋の謎』。聞いた名前だと思ったら、同じ人なんだぁ。ふーむ。

投稿: らいむ | 2005/09/18 22:46

その本、読めますの???
わたくし、語学の方は滞っております。。。
予定では、今頃倉本さん(すみませんローカルで)くらいにはなってるはずだったのに。。。
ネットのニュースもちらほら読めるようになってる予定だったのに。。。
語学も、読みたい!わかりたい!って動機が強いと進みが速いかもですね。

投稿: ほほのほ | 2005/09/18 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/5964829

この記事へのトラックバック一覧です: こんなフランス語の勉強もあり?:

« オペラ 「フィガロの結婚」 | トップページ | フランス家庭料理 NO.7 »