« フランス家庭料理レシピ 「ホタテのカレーグラタン」と「にんじんのサラダ」 | トップページ | こんなフランス語の勉強もあり? »

オペラ 「フィガロの結婚」

先日オペラ「フィガロの結婚」を観ました。
モーツアルトのオペラは有名ですが、その中でも1,2を争うこの有名な作品です。

まず、このオペラは3部作のなかのひとつなのです。
「セビリアの理髪師」⇒「フィガロの結婚」⇒「罪ある母」といった構成になっています。
いわば、アルマヴィーヴァ伯爵夫妻の結婚生活の記録のようなもので、フィガロはどちらかと言えば主役というより名脇役のような存在です。伯爵家とは何の関係もなかったフィガロが、リンドーロ(アルマヴィーヴァ伯爵の偽名)のために知恵を使いロジーナ(伯爵夫人)との縁結びをしたのがきっかけで、伯爵家に仕えそして小間使いの娘スザンナと結婚し、いつしか屋敷では夫婦揃ってなくてはならない存在に。。。サリエリといった感じでしょうか。

「フィガロの結婚」では小間使いのスザンナを狙う伯爵、母子ほどの年齢差のありながらロジーナに近づく一方で庭師の同年代の娘の恋人がいるケルビーノ、フィガロと親子の年の差にも関わらず結婚を狙うマルチェリーナ、ロジーナを子供の頃から後見人として育てながらも結婚したいと望んでいたバルトロ・・・

これらの人々がフィガロとスザンナの結婚式当日に、それぞれの思惑の中でお互いに探りあいをして、右往左往する様子がコミカルに描かれている群像劇で、結局は元の鞘に納まり最後は各カップルが幸せなうちに話は終わります。各幕の終わりには必ず全員が舞台に登場して歌を歌って終わるあたりは、観ていてなんだか安心できます。(なぜか新橋演舞場での、藤山寛美さんのお芝居を観に行ったときのことを、毎回思い出してしまってました)

こうしてみるとテレビもない時代に、オペラが大衆文化であったことはよく分かりますね。

それにしても、人間関係複雑ですね・・・女性同士の嫉妬や、男性同士のさや当て。また年齢差も社会的地位のも構うことなく、堂々とお目当ての相手に迫る姿に逆に”世の中何でもありなんだわ~!”という結論まで引っ張り出せそうです。しかし、あの時代ってこんなこと日常茶飯事だったのでしょうか?違いますか?よく分かりません。

全体的に曲は単純なメロディの繰り返しで聞いていて軽かった(良い意味で)。私にとっては部屋のなかでBGMとしてかけて聞きたいような気が致します。

|

« フランス家庭料理レシピ 「ホタテのカレーグラタン」と「にんじんのサラダ」 | トップページ | こんなフランス語の勉強もあり? »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

yasuyoさん、コメントありがとうございます~
「フィガロの結婚」観ましたか。日本の大衆演劇と変わらないはずなのに、何で日本に来ると一気に敷居が高くなるのか不思議です・・・
これからはオペラに私もはまりそうな予感がします。あと、そんなに私文章上手くないですよ(笑)照れます・・・

投稿: MIMI | 2005/09/19 18:17

こんばんは♪

私も今年の春、新国立劇場で「フィガロ」のオペラを観ました。人間関係はすごく複雑ですけど、ストーリー自体はとても軽くて楽しいものだし、いかにオペラが「大衆のもの」(敷居が低い)だったかということがわかりますよね。

いつも思うんですが、MIMIさんはご覧になったお芝居や映画なんかについて、とっても丁寧に描写されますね~ ご自身の感想を上手に織り交ぜながら。  文章力、羨ましいです。

投稿: Yasuyo | 2005/09/17 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/5964556

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ 「フィガロの結婚」:

« フランス家庭料理レシピ 「ホタテのカレーグラタン」と「にんじんのサラダ」 | トップページ | こんなフランス語の勉強もあり? »