« フランス家庭料理 No12 | トップページ | フランス風 「豚肉のプラム煮」 »

イタリア家庭料理教室

先日お世話になっているNさんの主催する教室でイタリア料理教室があり参加しました。


イタリアンといえば。。。パスタ?・・・ぐらいなものしか頭に浮かびません。レストランで散々食べてるはずなんですけどね。でも今回は家庭でも手軽に作れるお料理ということで楽しみに参加しました。教えてくださるのは、イタリアでお料理修行をされたHさんです。


080114_1428261_2
ポレンタ・・・今回一番の楽しみでした。地中海地方の料理本で写真では見ましたけど、イメージではあの卵の黄身のような色が、なんとな~くチーズケーキをイメージさせるのですが、実際は甘みはありません。おかゆのようなユルユル状態のまま食べてもよし、型に流して固まらせて食べてもよし、更に型から外して焼いてもよしの食べ方にバリエーションがある不思議な一品でした。塩気の強いチーズと合わせると美味しいですね。今回はゴルゴンゾーラと合わせてましたが、スティルトン(イギリス)やロックフォール(フランス)でもぴったりな気がします。


バッカラマンテカート・・・塩鱈にアンチョビ、にんにく、イタリアンパセリ、オリーブオイル等を混ぜた前菜にちょうど良いお料理。魚は和食が一番!と思ってましたがなかなかこれも素晴らしいです。これでレシピがひとつ増えました。今回は両面をこんがりと焼いたポレンタの上にちょこんと乗っています。


080114_1525321_2
豚バラ肉のプラム煮・・・先月のクリスマスワインパーティで好評だったメニューです。お肉好きの私としてはブロックになってる豚肉を見るだけでうれしいです(笑)豚肉のブロックを惜しげもなく使えるのが西欧料理のよいところかな。


豚肉を両面焼きしたあとにプラム、レーズン、赤ワインとブイヨン、バルサミコ酢等で煮込みます。ドライフルーツはケーキでは苦手なのですが、不思議なことに料理になると平気なんですよね~赤ワインと一緒に煮込んだお鍋の中はプラムとワインの香りがなんとも良い感じでした。更に最後にお皿に残ったソースをパンにつけて食べるので最後まで美味しさを楽しめます。


080114_1603001_2
マチェドニア・・・フルーツポンチのようなもの。マラスキーノ酒が隠し味になっているようです。今回初めてこのリキュールを知りましたけど、パウンドケーキやロールケーキにも使えそうな良い香りでした。肉料理などの重めの料理の後のデザートにはぴったりです。


というわけで、初めてイタリア料理教室に参加しましたけど、イタリアもなかなか作り甲斐のありそうな料理の多い国です。まだまだ私はイタリア料理は初心者マークなので次回もまた参加してみたいです。

|

« フランス家庭料理 No12 | トップページ | フランス風 「豚肉のプラム煮」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ryuji_s1さん、初めまして。コメントありがとうございます。ブログ読ませていただきました。とても素敵ですね。

投稿: MIMI | 2008/01/27 22:53

イタリア料理
お勉強楽しいですね

素敵なお料理うれしくなりますね

投稿: ryuji_s1 | 2008/01/26 15:01

のんのんさん、コメントありがとうございます。
興味半分で受けてみました~イタリアンとフレンチは親戚みたいなものですからね、参加していくうちに共通点がいろいろと見つかってくるかもしれないです。そういえば、私達はイタリアンにはあまり行かないですよね?今度行ってみましょうか!?

投稿: MIMI | 2008/01/20 10:44

今回はイタリア料理ですか・・・!
わたしもイタリア料理と言われるとパスタ・・・と思ってしまいますが、実はフレンチの基礎ってイタリアンですよね?
今度教えてくださいね。

投稿: のんのん | 2008/01/17 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/17710572

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア家庭料理教室:

« フランス家庭料理 No12 | トップページ | フランス風 「豚肉のプラム煮」 »