« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

浅草寺お参り&お花見の一日

毎年恒例の友人T吉(女子)と行く浅草寺の御参り。この時期には欠かせません。今回はそこに新たな友人Mちゃんも参入!ところが、なんとT吉が熱でダウン(泣)そこでMちゃんと二人で先週の土曜日に浅草まで行くことになりました。


JRと地下鉄銀座線を乗り継いで浅草に到着しました!午前中と違って人の多さにビックリ!雷門から仲見世通りに入るルートは避けて横の小路から浅草寺まで行きました。それでも人、人、人!!!やっとの思いで本堂に到着して受付を済ませて御参りしました。


その後は仲見世通りを軽く散策。そしてハンバーグで有名なお店「ボンブラン」でがっつりと遅めのランチrestaurant私はロシア風ハンバーグを注文してMちゃんはイタリアンハンバーグを注文。なんと食事中にお味噌汁をひっくり返すという失態を・・・Mちゃん、お店のお姉さんにはご迷惑おかけしましたng


Dsc00625
その後隅田公園へ。駅を超えた川沿いにあるこの公園も人がいっぱい!一体どこからこんなに人が湧いてくるかと思うくらいです(笑)桜も咲き誇っていてわあ~本当にきれいですcherryblossomいろんな船が行ったり来たりするのを眺めていると、中には船内から手を振ってくれる人もちらほら。こういう人とのふれあいで、ストレスもどこかへ飛んでいきそうです。


その後合羽橋道具街へ行きました。Mちゃんの希望で料理のサンプルを見たいとのことだったので扱っているお店に入ってみました。あまりのリアルさ加減にMちゃんビックリ!携帯ストラップやマグネットもあり可愛いですね。やはり外国人にもこの食品のサンプルは不思議なものらしく見に来ている人もいました。他にもお菓子の道具を売っているお店や、プロ用の調理道具もあちらこちらのお店で売られていてこの界隈は飽きないです。


そして浅草を後にした私たち。一日中本当によく歩きました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月の魚 Poisson d'avril

080327_1938571_2
先日のフランス語教室で出されたお食事メニューです。

今回はお魚気分なのかアシスタントのHさんがこういうお料理を作ってくださいました。メインはお魚にニンニク、ハーブなどを混ぜたパン粉をまぶして焼いたもの。アスパラガスと人参が付け合せです。


フランスの語の先生がお塩を多めにお魚にかけて食べていました。フランス人は塩味が効いたお魚を食べたがるのは本当なんだわ~と思いました。確かに塩味の薄いフランス料理はホント美味しくないです。私もホームステイ先で食事の手伝いをしているときに「もっとお塩足して」と言われたものでした。どうしても健康のために減塩傾向になりがちな日本人。これはパンと白米を食べる人同士の味覚の違いなんでしょうね。


そして、デザートは4月1日のエイプリルフールに向けた「ポワッソン・ダブリル」(4月の魚)。お料理のクラスでは土台となる生地は毎回パートフィユテ(ミルフィーユの生地)ですが、今回はパートシュクレ(甘いタルト生地)でした。

ポワッソン・ダブリル(4月の魚)はこちらをクリック!

ちなみにフランス人の先生も、小学生の頃に学校の先生にこんないたずらをしたんだそうです。はあ~、おフランスの子供ってこんな単純なことで喜ぶんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »