« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フランス家庭料理 NO14

Dsc00680
先週フランス料理の授業がありました。

ブッフ・ブルギニオンというブルゴーニュ地方の郷土料理です。レーズン入りのクスクスと合わせています。ソースに赤ワインを使っていましたそれがクスクスのレーズンともよく合っていました。最近はフランス語の授業でもお魚関係が出ることが多かったので久しぶりにばっちりとお肉を食べた~という感じです!

Dsc00681
そしてデザートにはアイスクリームとオレンジとマンゴーのクランブルを添えています。授業ではこのデザート担当でした。通常生クリームとクレーム・アングレーズを混ぜてアイスクリームを作るのですが、今回は卵白とお砂糖でメレンゲを作りそれを生クリームと合わせてアイスクリームにしました。食べたときにあっさりとしていて美味しかったです。

よーく考えてみると1週間の間にフランス語の授業を4回も受けていました。。。その割には成果が見えないですね(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台ひとり旅 その2

この旅行中に絶対食べようと思っていたのが、牛タンとフランス料理。どちらも大好きです。お店はいろいろあるけれど、今回仙台市内のフレンチレストランの情報もないところでこのお店を選んだ理由は、お店の外観が気に入ったからという単純なものでした。


・・・しかしこのレストランが今回の旅行の最大の収穫でした!!!

Dsc00655
前菜が数種類の盛り合わせだったのですが、まずキャロットラペ(人参のサラダ)にびっくり。どことなく甘みがあって、それは人参の甘みなのかどうか分からず聞いたところ、ドレッシングに工夫があることをシェフが直々に教えてくださいました。ハーブはシブレットを使っています。材料は我が家のお台所に揃っているので近いうちに試してみたいと思います。またタブレも酸味があまりなくて、でもトマトの甘みがほのかに残っていて美味しかったです。上に乗っていた海老もおまけをもらったようで別の意味でうれしいです(笑)また葉っぱのサラダもお塩がすごく効いていてパンにはよく合いました。このくらいお塩振ったほうが美味しいかも。。。とひとり納得。タマネギのキッチュもこのくらい表面を焼いてパリッとさせたほうがいいですよとのことでした。


Dsc00656
そしてメインでお願いしたのがこの「アシェパルマンティエ」・・・要は私が好きなあの「シェーパーズパイ」のようなもの。普段は小市民の代表みたいに、フランス料理屋さんでは普段食べない料理を頼んでしまうのですが、今回はなぜかあっさりとこれに。

出来立てのほやほやが運ばれてきましたが、ジャガイモのピュレのトロッとした食感が感動です。詳しいことは聞きませんでしたが、こちらのお店の料理は表面のチーズもトロリとしていておそらくベシャメルソースあたりを間に挟んでいるのでしょうか。。また黒の粒胡椒がかなりしっかりと入っていて、同じ料理でも大人の食べる料理って感じの仕上がりですね。またマスタードを一緒に出されてあわせて味見をしてみましたが今までにない味でした。マスタードの新たな使い方を発見です!


食後にエスプレッソをお願いしていましたが、どうもお店側の事情で私の料理が後手に回ってしまっていたらしくお詫びにということで「フロマージュ・ブラン」のサービスとうれしい誤算も!イチゴのソースもよくなじんでました。

その日は開店6周年記念とのことで、ディナーは特別メニューのためまたディナーも来ようか考えてしまいました。しかし牛タンが・・・だったらば前日に牛タン食べていればよかったと。。。松島でのお寿司を後悔してしまいました(笑)⇔これがその理由です!

Dsc00658
牛タンももちろん頂くことになりました。仙台駅の牛タン通りにあるお店にです。なんと約1年前に仙台に行ったときも、M子ちゃんとこのお店に入ったことを思い出し、つくづくご縁があるのね~と(笑)ねぎ塩牛タン定食を食べました。麦飯にとろろの組み合わせに「やっぱり牛タンにしてよかった~。」と幸せを感じました!

ということでよく歩きよく食べた仙台の旅でした。おしまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台ひとり旅 その1

急に決まった有給休暇の消化。一度は行きたいと思いながらもなかなか行けずにいた松島方面の旅に出ることになりました。

ホテルも交通手段も前日の夕方に全て予約して翌昼に出発しました。旅行前には部屋を掃除して、洗濯物もきれいにして出かける習慣のため、その日は朝からかなりバタバタ。さっそく出発。天気にも恵まれてとても気持ち良いです。

Dsc00633
まずは塩竃神社へ行きました。仙台駅から本塩釜まで仙石線で30分弱。同じJR東日本なので普段使っている定期券のチャージ部分を使って(つまり改札口でピッとさせるだけ)乗車できるのはかなり楽ですね。塩竃神社内はまだ満開の桜は少ないのですが、時折別のお花が咲いているのでもうすぐ満開になることでしょう。塩竃神社は高台にあるので、はるかむこうの海も見ることができるので景色がきれいです。東京と違って人も少ないし、時間の流れはゆったりしています。


Dsc00642
そして徒歩で観光船の乗り場へ行って、船が湾内を巡った後に松島まで渡りました。所要時間は約50分。海猫がお目当てのお菓子を目当てにずーっとついて来ました。ここまで運動していればメタボにはならないでしょう(笑)湾内はいろいろな形の島がたくさんありました。。ホントに景色が素晴らしいです。この観光船で働く人たちや、松島周辺のみなさんは毎日が「松島や、ああ松島や、松島や」なんでしょうねえ(笑)


Dsc00653
ひとりでぶらぶら気まま歩いているので、好きな時間に好きなものを食べられるのがうれしいところです。松島では手焼きせんべいのお店に入りました。買ったおせんべいはこちら!

納豆チーズとゴマミソです!いわゆる普通のおせんべいではなくて変わったものに手が伸びてしまいました。さっそく味をみてみると、納豆チーズは・・・いまひとつぼやけた印象です。納豆もチーズの風味もあまり感じませんでした。チーズ煎餅あたりでとめておいたほうがよかったかもしれないです。また、ゴマミソですが、これはなかなか美味しかったです。最後に舌に残る甘みがビールのおつまみにちょうど良いですね。

Dsc00652
そして小腹が空いたところでお寿司屋さんに入りました。注文したのがこちらのお寿司(並)。。。小さめのシャリでちょうどよかったです。松島は牡蠣が有名とのことですが、数年前に生牡蠣にあたってしまってからは大事を取って食べなくなりました。まあ、元々好きではなかったのですけどね。なのでこちらに関してはコメント出来ません(泣)


・・・そしてこのお寿司を食べたことが後々意外な展開に!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »