« フランス家庭料理 NO14 | トップページ | 今日のお夕食 »

フランスのお台所

フランス料理を習い始めて約10年!たくさんのお料理を習いました。最初はハーブの香りになじめなかったのがいつの間にかハーブなしでは料理が物足りなくなり、ワインをドボドボとお鍋に流し込むことにも慣れました。フランス料理を習う楽しみは料理もさることながら、フランス人ならではの野菜や果物の扱い方を知ることや日本にはない調理道具の豊富さにあります。

オーブンや圧力鍋を使うことを前提としているので、料理は煮込みやお肉をローストしたものが多いですね。またまな板をあまり使わないので、器用にぺティナイフでもって野菜をザクザク切りながらお鍋に落としていったりすることも。なので和食ほどの野菜の切り方に凝ったり、味付けの繊細さはフランスの家庭料理にはありませんが(?)、それでもちょっとした工夫や調味料の組み合わせでで和食がフランス料理になったり、フランス料理が和食になったり、いろいろな発見もありやはり料理は楽しいと思います。


ちなみにフランスのお台所にある道具一式フランス語で聞いてみましょう!↓↓↓↓↓↓↓↓

Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com

|

« フランス家庭料理 NO14 | トップページ | 今日のお夕食 »

フランス食文化について」カテゴリの記事

コメント

nahoさん、コメントありがとうございます!わあ、作ってくださってるのですね!うれしいです。このサラダソースはマスタードとビネガーの組み合わせで何通りも楽しめるものです。是非とも試してみてください。あとおすすめの組み合わせが出来ましたら今度教えてくださいね!

投稿: MIMI | 2008/05/18 23:25

mimiさん、
お元気ですか? 私のリクエスト(?)したフランスのお料理道具の紹介HP、載せてくださりありがとうございます。本当におもしろいですね、このおじさんも…^^。
教えていただいたドレッシングはあれから何度も作ってます。マイユのワインビネガーに、たまたま家にあったフルーツのマスタード(白ソーセージにつけて食べる為に買ったもの)を使ったのですが、おいしくできましたヨ☆
おかげでヤサイをたくさん食べるようになりました。
*^^*

投稿: naho | 2008/05/16 10:21

エステラさん、コメントありがとう!
まだまだ習ってない料理もあるし、フランス語もまだまだ知らない単語がたくさんあります。でもたぶん好きだからここまで習ってこれたのかなーなんて思ってます。エステラさんもまたいつかフランス語再開してくださいませ!


らいむさん、コメントありがとうございます。
そうです家庭料理は万国共通の肝っ玉重視かもしれないですね(笑)性格的に繊細なことが要求されることは苦手なのでたまたま習った料理が性格に合っていたのかもしれないです!

投稿: MIMI | 2008/05/13 22:13

ボン・ソア!MIMIさん、トレビアン!
確かにすごい! 10年、続けて取り組まれていることがあるなんて! 僕の熱しやすくさめやすい性格ではとてもとても。意外だったのは、味付けの繊細さは仏蘭西の家庭料理にはない!?という点。フランス料理というとソース、盛り付けなど繊細さの極みかと思っていました。家庭料理はどこの国のものも肝っ玉精神重視ということでしょうか。

投稿: Rhyme(らいむ) | 2008/05/11 18:43

MIMIさん、
すごい、10年もフランス料理を習っているんですね!!
極めてますねhappy02
MIMIさんのお料理パーティで頂いたりしたけど
本当に美味しいですものねup
フランス語も引き続き、勉強しているのエライ!
私もお台所にある一式のフランス語聞いて、
また勉強したいなーーと思いましたheart04
途中で投げ出してしまったから。。coldsweats01

投稿: エステラ | 2008/05/10 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/41117212

この記事へのトラックバック一覧です: フランスのお台所:

« フランス家庭料理 NO14 | トップページ | 今日のお夕食 »