« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

玄米サラダ

夏の暑い時にさっぱりとお米を食べたい時にお薦めのこのレシピは、「タブレ」というフランスの家庭料理からヒントを得ました。「タブレ」は通常クスクスを使うのですが、今回は美人玄米を使ってみました。レシピはこちらです。

Dsc00712_4

材料                            
玄米  1/2合 
パプリカ(赤、黄など) 各1/4個
チェリートマト  8個
オリーブの実  6個
タマネギ  1/4個
バルサミコ酢  大さじ4
オリーブオイル  大さじ2から3(好みで)
塩、こしょう  少々
洋風マスタード 小さじ1


作り方
1. 玄米は軽く洗って水(適量)と塩少々と一緒に鍋に入れて、最初は中火で沸騰後は弱火で好みの硬さまで茹でる。茹であがったら、火を止めて玄米をざるにあげて冷ましておく。

2. パプリカは賽の目に、チェリートマトは4つ切りに、オリーブの実は輪切りに、タマネギはみじん切りにする。

3. サラダソースを作る。マスタード、バルサミコ酢、塩を混ぜ合わせたらオリーブオイルを加えて、ソースの状態が均質になるように混ぜる。

4. 大きめのボールに全ての材料を入れて、こしょうを軽く振って木べらでさっくりと混ぜる。


*いつもはマクロビオティックのお店でしか玄米は食べません。白米を時々茹でることはあるのですが、この美人玄米も普通の白米と同じように扱うことが出来るような気がします。また食感もほっくりとしていて、適度に甘みもありとても美味しいと思いました。

 

更に応用すると・・・
Dsc00717_2


サラダ菜にローストビーフとこのサラダを包みます。イタリアンパセリを1本をサラダ菜にくるりと巻いて手巻寿司風にアレンジしました。手巻寿司なので当然お醤油が入るわけですが、ここでは洋風のマスタードをつけながらお召し上がりください。和辛子に比べて辛味は少ないのですが、どうしても辛味が気になる場合は、バルサミコ酢を加えてみると辛さが抑えられます。

どうぞお試しくださいませ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅草オムライス その1

Dsc00708
洋食屋さんで好きなメニューは?と聞かれたら「オムライス!」と答えるほどオムライス大好きです。最近のトレンド?で卵をいーっぱい使って、テーブルに出されるとすぐに生地の真ん中からトロトロの卵がさーっと姿を現すオムライスよりも、しっかり卵生地でライスを包み込みケチャップがしーっかりかかった昔ながらのオムライスのほうが好きです。浅草ボランティアのお昼休みに早速オムライスで有名なお店「ステーキハウス のぶ」に行ってみました。

場所は浅草寺を前に右側。ちょうど仲見世通りすぐそばの伝法院通りにあります。とても小さいお店です。席数10席くらいのカウンターのみ。ランチにしかオムライスを出していないとのことなのでお店に入ると迷わずにオムライスを注文!

なんとランチタイムはサービスでミニサイズの(本当にミニサイズ!)のグラスワインのサービス。そのほかにお漬物とお味噌汁も出されます。お味噌汁には牛すじのようなものが入っていました。そしてしばらくするとオムライスが登場。本当に普通のオムライスです。でも中には牛肉が入っていてこういうところはさすがステーキハウスです。卵生地もしっかりしていて・・・もうすこしくるんとライスを包んであるとよかったのですが・・・でもケチャップ味のライスの量もちょうどよくて、味付けも薄すぎず濃すぎず美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス家庭料理 NO15

先月後半からの体調不良によりフランス語の授業もお休みしたために、今回は通常のお料理のクラスで振替レッスンとなりました。

Poisson_a_la_saouce_depinard
・・・最近お魚料理が多いですね(笑)イナダと人参をホイルで包んで蒸焼きにしたものに、ほうれん草のソースと葱を茹でたものを(ちなみに葱はお水を使わずに、少量のレモン汁で茹でています)添えたものです。今回はお魚担当だったので、しーっかりと塩、胡椒、ハーブをお魚にまぶしてみました。ソースに使ったほうれん草の量がお見せ出来ないのが残念なほど多い!でもその分加工された市販の調味料を使わずに作るわけですから、とても贅沢ですね。。ちなみにこの料理は「Poisson blanc en papillote (ポワッソン・ブラン・オン・パピヨット)」と言いまして、パピヨットとは紙で材料を包んでオーブンなどで蒸焼きにすることを言います。


Puit_damour_noisette
続いてはデザートです。パートフィユテ(いわゆるパイ生地)で入れ物を作り、そこにアイスクリームとノワゼット(ヘーゼルナッツ)の入ったメレンゲを詰めたものです。ノワゼットのシロップも生地に入れているために、サクサク感とノワゼットの香りが楽しめてとても美味しかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »