« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

浅草ボランティア日記 7月26日

去年の終わり頃から始めた浅草での観光案内のボランティア。最初は通訳ガイド志望のMちゃんの助けにでもということでふたりで見学に行きましたが、結局彼女はボランティアに加わることなくなぜか私だけボランティアしております~。

今まで日本人、外国人いろいろな方がボランティアのブースに来られました。

そんな中でも7月26日は5月の三社祭以来本当に忙しかったです。隅田川の花火大会とも重なり、その関連のことで聞いて来られる方が多かったですね。この花火大会。。。想像以上に大掛かりです。詳しいことは生まれも育ちも浅草のKさんがサポート。個人的にもいろいろとお話をうかがいまして、はあ・・・来年その裏技は使わせていただきます(笑)

いきなり「安いホテルを探してるんだけど」と聞いてきた男性外国人観光客。浅草から成田空港までの行き方と京成線と銀座線の始発の時刻を聞いてきた若い外国人男性。また「おいしいお寿司屋さんを探している」と言ってきた韓国人(?)女性。浅草にはお寿司屋さんが並んでいる「すしや通り」というところがあるのですが、そこの道順を教えようとしたらいきなり後ろを向いて「パパ!パパ!」と旦那さんを呼び始めましたが、旦那さんが気付く様子もなく、仕方なく私も「パパ!」と呼んでみたところ気づいてもらえました。奥さん「へっ?」って表情でしたけどね(笑)これらの質問は一人では対応が出来ず全員で知恵を出し合って調べものです。


あと興味深かったのが、水道橋(東京ドーム)への行き方を聞いて来られた方が日本人、外国人数名いました。どうも野球の試合があるらしいです。てっきり格闘技の試合なのかとひとりで勘違いしてました(笑)もちろんフランス人もいらっしゃいました。品川と花火大会の詳細を聞きにいらした方の2組でした。

更にはおそらく南米から来たのではないかとお仲間と話していたのですが、スペイン語を話す若者の集団。かなりのイケメン揃いでした。わお~って感じです!


ちなみに本日の浅草ランチは・・・ミスタードーナッツのセットメニュー。冷やし麺とソフトドリンク、ドーナツセット。しめて640円。ボランティア仲間のお勧めでした。

というわけで今日も無事にボランティア活動が終了しました。ブースまでいらしたみなさんが楽しい一日を過ごされていますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉県で農業体験の一日でした!

Dsc00747
千葉県は関東ローム層のおかげで農耕地としては本当に恵まれているのだそうです。北海道と並んで野菜の収穫なのだそうです。そんな千葉県で農業体験をしてきました。コーディネーターは飯田橋のお世話になっているNさんです。

雨天決行とのことだったので、お天気も前日までの天気予報ではあまり良くないとのことで心配でしたが、晴れ女のワタクシのおかげ(?)で見事に晴れました。成田空港ターミナルから今回お世話になる「デコポン」さんの車で現地へ!途中畑から顔を出している野菜の葉から何の野菜なのかクイズが出されてもさーっぱりチンプンカンプンでした。。。不覚にも野菜のことは知らないことのほうが多いのかもしれないですね。

午前中はらっきょう畑で農業の基本(?)の畑の雑草取りからスタートです。らっきょうって畑で作られるものだったのですね~無心になってひたすら鎌を使い草取りです。中には「これ草なの?」というくらいしっかりしたものもありまして、いったい何がきっかけでこんなにしっかりした雑草になるんでしょうか???

Dsc00744
しっかり労働の後は楽しい昼食!この段階ですでにビール飲みたいです。
手前にあるこのお寿司、千葉県ではよくお家で作られる「飾り寿司」だそうです。これどういうふうに作るのか興味がありますねえ。採りたての野菜をその場でいただけるのって贅沢。揚げ物、煮物、サラダなどなどが出されましたけど、塩、コショウ、お醤油控え目の薄味でも充分に美味しいです。少し量が多かったため残すのがもったいないくらいでした。あー、次回はタッパー持参ですね、自己責任で(笑)

Dsc00761
午後からは人参と大根の収穫です。人参や大根って途中から葉の部分だけ先に抜けてしまったりして、掘り出すのが意外と難しい。なのでするりときれいに取り出せるとうれしいものです。とりたての人参はその場で試食してみました!人参の甘さを感じることができました。いかに鮮度が野菜本来の味に影響をかなり与えてることがわかりましたねえ。これからは鮮度と農薬のない安全な野菜に限るな、と勝手に締めくくりそれ以降の毎日は少々値段が高くても野菜にかなり気をつかうようになりました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フランス家庭料理 NO16

Dsc00736
先日お料理教室で習いました。今回トマトをギザギザに切る方法を習いました。最近果物でもこういう風に切ってお店で出されたりしますね。トマトにぺティナイフでギザギザと切れ目を入れて一周した後に、くるんとトマトを回すとパカッときれいに切れ目のついたトマトが出来上がるのですが、私の場合一周するうちにトマトの切り込みに段差が生まれてしまい(笑)奇妙な形のトマトになってしまいました。しかも全員分!先生はそんなトマトでも「あ、大丈夫ですよ」と寛大。ちゃんと家で練習します。。。そのトマトにクリームチーズと生クリームを和えたクリームにドライレーズンを飾った可愛らしい前菜のようなお料理です。それにこの時期には目にもうれしいアスピック(ゼリー寄せ)です。先生曰く「ゆで卵が加わると見た目が豪華になりますので、ぜひ忘れずに」とのことでした(笑)

Dsc00737
そしてこちらはデザートです。チョコレートのロールケーキにガナッシュをかけたものです。(ガナッシュとは??こちらをクリック)二人ひと組でチョコレートを溶かしてクリームを作ったのですが、チョコレートを入れすぎてもうまく溶けないし、非常に効率よくクリーム状にするのが難しかったですね。ちなみにロールケーキですが、焼きあがったスポンジを先生がくるくると巻いてくださいましたが、あー、こういうのもしばらくやってないので、やはり家で練習ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山に登ってみました

Dsc00721
フランスの観光ミシュランガイドにも紹介されている高尾山。東京から小1時間でこんなに自然に囲まれたところがあるというのが評価のポイントなのだそうです。そんな高尾山ですが、毎日毎日「高尾」に向かって走っている中央線沿いの住人としては見慣れた文字ではあるにも関わらず、実際はまだ行ったことがなかったのですが、今回フランス語仲間のお友達と早速登ってきました!

出発の数日前からあまり天気は良くないと言われてましたが、晴れ女のワタクシの力で(?)当日は見事に晴れました!そのため日差しが本当に強く、登り始め早々から体力の温存というか・・・消耗を防ぐために・・・というか前日の睡眠時間3時間のためか・・・お友達同士の会話には加わることなくひたすら黙って登りつづけました。


Dsc00731
それほど高い山ではないけれど、普段アスファルトの道路を歩いているものとしてはこんな山道も結構疲れます。ルートはいくつかありましたが、行き帰りで全く別ルートでしかも行きは二つのルートをミックスさせていったので、かなり長いこと歩きました。年明けのオーラ診断では「緑」を取り入れることが私には必要とのことだったので、緑だらけの山の中は本当にリフレッシュです!このくらいでオーラの色が変わるのか???いやいや変わらないでしょう(笑)途中で見つけたアジサイの花です。今ではお花屋さんでしか見ることはないのですが、自然のなかに咲いている姿は素敵です♪

Dsc00728
山頂での昼食は山菜蕎麦を注文しました。出されたお蕎麦の麺も太めでコシがありました。山菜の新鮮さと普段食べている山菜蕎麦(実は山菜は好物です)の山菜とは比べ物にならないくらいシャキシャキ感があり美味しい!!こんなにおいしい素材のお蕎麦なら毎日食べても飽きないです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »