« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

江ノ島ぶらりん旅!

Dsc00790_2
先日ぶらりと江ノ島に行ってみました。

江ノ島、鵠沼海岸、茅ヶ崎、湘南、鎌倉・・・このあたりは私の中では一緒なのですが、藤沢在住の方に言わせれば「全然違う!」そうです。

駅から徒歩で江ノ島までテクテクと歩きましたが、まだ海岸沿いでジェットスキーしてる人、砂浜でバーベキューしている人までいて、まあこの日は確かに気温が暑かったのですが、まだまだ夏休みの延長みたいです。

Dsc00794
エスカーを利用すると坂道や階段を登らずに楽に行けますが、自分の足ですべて登ることにしました。また知り合いのOさんから船着場から船を利用して洞窟まで行くコースを勧められたのですが、残念ながらこの日は船は出ませんでした。

江島神社で参拝。お賽銭をちゃりんと入れて柏手を打ったころに「ドンドンドンドン・・・」と太鼓の音。なんと神主さんが出てこられて祝詞をあげはじめたではないですか!思わず「その祝詞もらったあ~!」謹んで(?)お参りさせていただきました。ここはとても美人な弁財天3神が祭られています。マッサージ店経営のY君は以前参拝したあとに経営が良くなったと話してました。はあ、さすが弁財天様です♪

その後一帯を散策しました。

Dsc00797
Oさんが事前におススメしてくださった和食屋さんはこの日お休みだったので、途中で立ち寄ったお店でしらす丼(生しらすと釜揚げのハーフ&ハーフ)を食べました。大好きなしらすがこれでもかというくらい・・・幸せです。店内にはサザンの音楽が♪お店の中から見る海は本当にきれいです。

そしてまた歩きはじめました。

とにかく島全体は坂、坂、坂!階段、階段、階段!上るのにも下るのにも精一杯!展望灯台もコッキング苑も「あ~そうですか」とスルー(笑)Oさん、Y君ぜーったいにこの辺りは散策してないでしょっ!何が私をそんなにひたすら歩かせるのか・・・もちろん洞窟です。ところがあまりの暑さと疲労困憊のためにあと少しというところで洞窟まで行くのを断念。次回の課題ですね。

考えてみたらOさんにしてもY君にしても自営で何かされてる方たち。弁財天とは言葉の神様であり金運を授ける神様。きちんと参拝しないとダメですね。しかも私ったらOさんに「どうせなら3千円で昇殿参拝すると良いですよ」と言われて、「そうかあ~」とと半分その気になっていたにも関わらず、あの「ドンドンドンドン・・・」で「それもらったあ~!」と昇殿参拝を端折ってしまいました。なんだか神様よりダメ出しされたような気がします(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅草ボランティア日記 9月20日

台風の影響で前日まではどうなることかと心配して、当日の朝は雨風でボロボロになりながら浅草に行くことを覚悟してましたが、朝になったら台風一過の晴れ空で気持ちよく浅草まで到着しました。

日本人、外国人ともに観光客がいつもよりも少かった。

そんな中でも見るからにラテン!!という感じの男性二人。何かを聞きに来ることはなかったのですが、私たちを見て「写真を撮ろう」とデジカメで記念写真をパチリ。どちらの国から?と聞くとメキシコとアルゼンチンだそうです。最近聞いた話では、アルゼンチンって地球の裏側で日本に来るまでに30時間かかるらしいです。遠いところから来ましたね~

また改札近くにいた真ん中わけのやや長髪気味の男性。地図を広げているから何かさがしてるのかしら?と思ったら隣にいた相手の女性が柱の鏡をつかっていきなり化粧直し!外国人にもいましたね~日本人の若い女性の専売特許ではなかったみたい・・・かと思ったら、券売機近くの柱でも一生懸命ヘアスタイル直してポーズ取ってるこれまたラテン系の男性。彼らを見て「自由」だなあと思いました。

中盤頃に欧米系のうさぎの耳のついたカチューシャの女性(!)とパンダの顔のポシェットを首から下げてる男性(!)が来ました。こういうのって経験上中国系の人がよくしてましたけど白人にもいるのですね~(笑)びっくりです。

活動中によく聞かれるのが切符の買い方。今日も何件も問い合わせが来てそのつどお手伝いしましたが、私も最近切符を買わないし、彼らの場合は一日券(ワンデイパス)を買うことが多く、また家族連れともなると大人何名、子供何名と複雑になると私も一瞬あれっ?て戸惑いますね。そんな中外国人でもやっぱり子供は覚えるのが早い!すぐにどこを押せば全員分購入できるのかすぐに理解します。また券売機によってはお金を最初に入れないと表示されないものもあるので、外国人の中にはその「先にお金を入れる」ということに慣れていないせいか、券売機前でじーっとしていたり。一方ではぴったりのお金がないから切符を買うのに両替してほしいとか言ってくる旅行者もいて、おそらくおつりが出てくることを知らないみたいで、おつりが出ることを説明すると分かってくれます。日本はそういった意味であらゆるシステムが整っている国ですね。

一緒にボランティアしたなかで中国語の方と旦那様が中国に赴任している方がいて、中国に関する話を聞きました。観念破りのいろいろな話が出てきて・・・そうですかあ(笑)日本人ってなんだかんだいってもきちんとした国民です。でも彼女たちの意見としては「中国人にはいろいろと思うところあるけれど、やっぱり嫌いにはなれない」と。うーん、同感ですね。私もフランス語をただ習っていた頃と違い、直にコミュニケーション取れるようになってからとではフランス人に対する印象が違いますし。言葉の力は大きいです。

今日のお昼です。「大江戸浅草らーめん とおりゃんせ」で胡麻ラーメンをいただきました。ちょっと塩味が効いていたかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »