« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

浅草ボランティア日記 11月21日

円高の影響なのか外国人観光客がここのところ少なくなったなあと感じていましたけど、やはり私のように同じことを感じていたお仲間もいました。

それでも日本に来てわからないことがあれば、観光客の皆さんは私たちのブースに来られるのですから需要と供給のバランスは保たれているのでしょう!

学生さんでボランティア活動に興味があって・・・と来られた男女2人。私でわかる範囲のことは教えてその後見学をして「入ります。」と言って帰って行かれました。ちなみに第二外国語(いわゆるニガイ)でスペイン語を取っているとのことですが、最近は結構スペイン語を取っている学生さん多いんだなあと思いました。

・・またフランス語で浅草寺への行き方を聞いて来られたフランス人女性がいました。ボルドーから来られたのだそうです。ワインの仕事で来日してホテルオークラに滞在されているのだそうです。またスペインから来られた方で、フランス語でこちらも浅草寺への道順の問い合わせを受けました。スペイン語とフランス語ってラテン語にしてはイタリア語とスペイン語ほどの発音の共通点はないような気がしていました。なのでスペイン人が話すフランス語ってさぞかしブロークンな発音なのかと勝手に思ってましたけど実際聞いてみるときれいでした。「発音きれいですね~。」と言いそうになりました(笑)

なのであまりこれといった内容がないボランティア活動でしたがとても楽しく過ごせました。また次回が楽しみです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンリース手作り体験 in ABCクッキングスタジオ  

Dsc00816
友人のIさんが通っているABCクッキングスタジオが期間限定で行なっているワンデーレッスンで、パンで作るクリスマスリースの体験をしてきました。

パン作りなんて興味なし・・・なのに「粉もの」をうまく扱えるようになりたいと思ってました。そんな矛盾を抱えつつ誘われて体験して納得!とても楽しかったです。

生徒さんはIさんと今回初めて体験に来られた女性の方とワタクシ。先生は若~い元気な先生です。最初はパンの生地をこねるところから始まり、発酵させて、生地をのして成形し焼くまでの作業を一人ずつ同時に出来るのがうれしいです。それでもって焼けたのが、じゃじゃーーーん!MIMIさん作のクリスマスリースです。よーく見るとあちこちにアラがありますが(笑)

Iさんやもう一人の女性はとてもきれいに手際よく形を作っているのですが、私は本来「大きな作業は出来ても、細かい作業が苦手」なために、飾りのベルや羽、パンなどの成形作業が少々遅れ気味。それでも先生が助けてくださったので何とか焼きあがりました。コーヒーの粉を生地に仕込ませているので、焼き上がった今でもコーヒーの香りがなんとな~く漂っていてなかなか良い感じです!

・・・ちなみにスタジオではパン作りが一番長続きしやすいコースで、最初は慣れなくても途中からコツがつかめるようになると面白くなってくるのだそうです。私はここの生徒さんではないため、次回はお好きなコースから1つ無料体験レッスンが受けられるとのことなので、ケーキのコースを受けることになりました!それはまた追ってご報告・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のお昼ご飯「タコとオリーブのパスタ」

081103_131217_2
タコを使ったお昼御飯を作りました。レシピはこちらです。

材料 2人分

タコ 足1-2本
オリーブ 8-10個
茄子  1本
ニンニク 1かけ
オリーブオイル  適量
プロバンスハーブ 適量
白ワイン 適量 (なくても可)
パスタ 1人 80-100g

作り方
1.タコと茄子は適当な同じ大きさに切る。オリーブは半分に切る。ニンニクはみじん切りにする。

2.鍋にオリーブオイルとニンニク、オリーブを入れて弱火でじっくり熱する。香りが立ってきたら茄子を加える。

3.更にタコを加えて軽く炒めたら塩、ハーブ、白ワインを更に加えて炒める。

4.すでに茹でたパスタを加えて全ての材料をなじませる。


*今回はこれをパスタの具材に使ってみました。オリーブの実は今回はサーモンのスタッフドオリーブを使いましたが、黒オリーブでも何でも大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »