« 浅草ボランティア日記 11月21日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 12月20日 »

浅草ボランティア日記 12月6日

円高の影響なのかここ数か月ずっと観光客の数が減ったように感じます。私たちのところに来ないだけなのではなく、明らかに浅草にはもっとたくさんの観光客が改札口を通って浅草寺を訪ねていた気がします。金融危機の影響はこんなところにも表れているのでしょうか?

一時期は中国系の家族連れや韓国人グループをよく見かけました。それも以前ほどの数を見かけなくなりました。

今回の活動ではなぜか男性ばかり10人前後の外国人グループを目にしました。どこの国なんだろうね~?なんてお仲間と話してましたが。あとは女性のめっちゃくちゃ若いグループ、日本人の女の子なら明らかにギャル語で話してそう・・・数年前のブリちゃん(ブリトニー・スピアーズ)のような~!お鼻のピアスに目が行ってしまいました(笑)あっ、みなさん性格は良さそうでしたよ。

それと話は変わりますが、今朝テレビで外国人観光客の日本での滞在時での様子を流していました。禅寺での修行体験やスキー、忍者体験、古民家を改造した一軒家風のお店での懐石料理など、日本人でもこんなの知らないよ~!と思うことを体験してましたが、見ていて楽しそうだと感じたのは私だけではないはず。日本人は海外旅行といえば、グルメ、買い物、エステが定番ですがこんな面白い体験も良い記念になるのではないでしょうか?

よくフランス語での看板をボランティアで出していると、フランス人が用事がないのに寄ってくるのも旅先でのちょっとした楽しい一コマなのではないのかしら。なので他のメンバーも同じですが、ただ質問に答えるだけではなく、そこからこちらからも話しかけてコミュニケーションを取るように心がけてます。実際そうしていると、脇でデジカメで話している様子を写真に撮ってる観光客も出てくるんですね。やっぱりそういうことでも楽しい東京滞在の記念に残ってくれるならうれしいことはないです。

さて、休憩時間には観音通りにある珈琲「アモール」でピラフを食べました。ピラフと一緒のお味噌汁が日本人にはうれしいです!

|

« 浅草ボランティア日記 11月21日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 12月20日 »

浅草ボランティア」カテゴリの記事

コメント

まさきさん、コメントありがとうございます。そう、フランス語は偶然の副産物でして(笑)料理のフランス語を習っているうちに少しずつ話せるようになったのです。基本的には今でも日常会話は時々怪しいですが(?)がんばっています。

投稿: MIMI | 2008/12/10 21:18

こんばんわ☆彡
ご無沙汰しています。
お元気そうでよかったです(^_^)

韓国からの観光客はずいぶん減っているとテレビのニュースで言っていました。
円高になって、それだけで値上がりと同じですから。

フランス語ができるなんて、本当に素敵ですね(^-^*)

投稿: まさき | 2008/12/07 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/43337430

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草ボランティア日記 12月6日:

« 浅草ボランティア日記 11月21日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 12月20日 »