« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

浅草ボランティア日記 3月14日

この日のボランティアは初めて午後のシフトでした。午前中と違って活動開始とともに応対につぐ応対でした。

いつもなら浅草寺へいく道順を聞かれることが多いのですが、今回は「都営浅草線への行き方」です。日本人、外国人合わせても結構な件数で・・・そんなにみなさん都営浅草線に何があるのですかあ??と聞きたいくらい。

東京駅への行き方を数人から聞かれました。確かに東京駅へは浅草からは微妙に面倒です。観光客ともなればなるべく費用をかけないで、より簡単に行きたいところです。同様なのが皇居への・・・二重橋前駅をすすめるのですが、ここも同様に面倒です。東京駅からも歩けるのですが、その東京駅までの行き方もまた大変だったりします。

私たちは住んでいるので「ここをほらこうやって行けば楽ですよ。」とも言えてしまいますが、日本人ならまだしも、外国人にとっては初めての東京でしかも言葉も十分でない場合にはどうすればいいのか。。。

また何かの展示会に行きたいけど、どこなのか分からないと聞いてきた日本人の男性。一緒にいたのが、浅草在住のKさんだったためにお任せしました。ちゃんと住民は分かるのですね~「ここでなければここです」と説明しておられました。すごくマニアックな展示会でしたね・・・

また130円のJRの切符を上野駅で買って持ってきたフランス人の女性がこれを払い戻したいとのこと。ところが東京メトロ浅草駅では払い戻せないし、上野駅まで戻っていただくしかない。本当はここから品川まで行きたいらしいのです。「都営浅草線でここから行く方が早いのですが、切符を購入しているので上野から行ってもらうしかない。「上野から品川までJRはいくら?」と聞かれたのですが、「・・・たぶん190円くらい・・・」と答えました。後になってその切符で精算も出来るって伝えればよかったですcoldsweats01

活動も終わりになって最後の最後に「都営浅草線」を聞いてきたフランス人女性2人。そこで道順を説明していたら・・・肝心の単語を度忘れ!!!辞書まで取り出す始末。すると「英語でも良いですよ」とのことだったので、英語で最後は説明しましたけど、過去に2,3回と滅多に都営浅草線はフランス語では聞かれないし、かなり個人的には不意を突かれた質問でした(笑)

でも今回もお会いできたみなさんが楽しい旅行のお手伝いをさせていただいてよかったです。また来月も楽しみにしています!

ちなみにランチは・・・浅草のタイ料理「MONTEE(モンティー)」でタイ風オムライスを食べました!こんなとこでもオムライス食べるんかい!って思われそうです・・・タイ語での地下鉄路線図も発見したので写メをアップしておきます!
Getattachmentmetrothai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年来のレストラン

先日、友人のIさんと京橋にある「ドンピエール」でお食事をしました。

洋食屋さんでは有名なお店ですよね。オムライス好きの私には日本橋の「たいめいけん」と並ぶオムライスにおける二大聖地のひとつと考えています!restaurant

前にいた会社のAさんが「10年前から行きたかった恵比寿のフレンチレストランに行った」話を聞いた時に、「そういえば私にとってはドンピエールだなあ」と思いまして。。。これまでもなんだかんだと行かないでいましたが、行けるときはあっさりと行けるものですねfoot

さてさて店内はサービスも行き届いていて、お店の広さ、席数を考えると十分でした。

飲み物を注文すると、合わせて軽い前菜(オリーブとキッシュ)が出されました。キッシュはバターが効いて生地がサクサクしていてました。

しばらくすると、前菜で注文した「パルマ産生ハムのサラダ」が出されました。たくさんの種類の野菜が中にこんもりと盛られて、生ハムが周りを帽子みたいに形どったサラダです。この盛りつけ方は自宅でも真似したいかな~二人で前菜にしてはかなりボリュームがありました。トマトの甘さにびっくり!契約している農家さんとも交渉しながら仕入れているのだそうです(笑)またドレッシングの酸味も適度に抑えられていて生ハムの塩けとケンカしないのが素晴らしいですshine

続いてビーフオムライス、ビーフカレーの順番で料理が出てきました。実はどうせなら両方味わいたいね~ということで半分ずつにしたいとお願いすると快く一皿を二人分にしてもらえました。二つとも半分でも結構なボリュームでした。

ビーフオムライスはこのお店の看板メニューですcrown

昔ながらのライスを卵液でくるんだ形のオムライスです。卵の生地がとてもバターの香りが効いたふんわりと柔らかいものでした。中に入っているお米はお醤油で味付けされたものです。卵の生地に練りこまれたバターとお醤油のバランスがとても良いです。人によってはお醤油の味付けがしょっぱいと感じるかもしれないですが、もしここに甘さが入るとおそらく冷めた時にそれがくどくなるような気がするので、それを考えると丁度いいと思います。また牛肉も食べやすい大きさにカットされていて柔らかいです。一口食べると幸せ~な気分です。

ビーフカレーもお肉が柔らかくて(霜降りを使っているとことでした)、一口で口にするにはやや大きめのサイズにカットされていました。ルーは2日間煮込んだものだそうです。玉ねぎの甘みが出ていてコクのあるカレーでした。

ちなみにすべてのお料理にはスプーンとフォークが出されます。

最後にコーヒーとちょっとしたクッキーとチョコレートが一緒に出てきました。デザートのケーキ、タルトがどーんと乗ったワゴンは圧巻でしたが、かなりの量を食べたので今回は見送りましたweep

ついつい好奇心から「まかないは美味しいでしょうねえ~」とサービスの方に話すと、「見習が作るから味にムラが出たりするので、納豆とかそういうものも欠かしませんよ。」という答えでした。へえ~、そんなもんですかあ。

Iさんとも料理や美容の話でとにかく盛り上がりました。美味しいものを食べながらのガールズトークは時間がたつのもあっという間です。あ~、また来たいですね。とにかく人を気持ちよく食事させてくれるお店でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »