« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

浅草ボランティア日記 4月25日

雨の降った土曜日で観光客もかなり少ないと予想していましたが、やはりこの日は問い合わせは少なかったです。

ボランティア活動前に、浅草在住の以前お世話になったKさんと約2か月ぶりに会いまして、ランチをご一緒させていただきました。「とんかつ 井泉」というあのお箸でお肉を切ることが出来るのがウリのとんかつ屋さんの支店です。衣がさくさくしてお肉も確かに柔らかかったです。

さて、今回はやたらと東京駅に行きたいという問い合わせが何件かありました。行きやすそうで実は浅草から行くには非常に面倒な場所ですね。また韓国人のカップルが東京の名所を聞いてきました。すでに男性は日本語がある程度話せました。結局お台場だったか渋谷だったか・・・どこかをお薦めしましたけど、それよりも連れの彼女の可愛らしさにびっくり!お肌がきれいで目がくりんとしていました。BBクリーム使っているのだろうか???聞いておけばよかったです(笑)

またフランス人のグループで浅草ROXに行きたいという問い合わせがきました。それと同時に宿泊予定のホテルの場所も聞かれたのですが、この問い合わせは初めて一緒に活動したWさんがメインで答えてました。その後そのグループが帰り際にある男性とフランス語で会話し始めたのです。聞いていると


男性「雨の中を歩き回ったので履いているパンタロンの裾がすっかり濡れてしまって大変だったよ。」

さっきまでいた女性の一人「明日は晴れるみたいだから楽に観光できますよ。」

さらに
女性「マルセイユから来たんですよ。」

男性「リヨンから来たんです。マルセイユね、そんな感じがしたよ。」

そしてお互いに「よい旅を~!」

と言って別れて行きました。

この人たちまるで10年来の知り合いのように話すのですよ。日本人はまず旅先でこんなにはならないでしょうに・・・こういうところは見習いたいものだと思いました。そういう日本人が旅先で見つかるのか分からないけど。

切符の買い方が分からないと聞いてきたスペインから来たカップル。日本式の券売機の最初にお金を入れて購入するやり方に慣れていませんでした。割とこういう外国人多いです。またまとめて購入するのもしないようで、個人個人で買っていますね。今回はこの手の質問も多かったのですが、ある外国人女性は小銭をじゃらじゃらさせながら投入していたときに、5円玉を取り出し「これ何?」と聞いてきました。

約1年前でしょうか、よく一緒になるKさんがやはり観光客に5円玉のことを「5セント」と答えていたのです。その時にKさんはそういえば外国人は納得すると教えてくれました。そんなもんなのねえ~と思いながらずっと月日は過ぎましたが、まさか1年経ってこの経験が活きてくるとは!!!私も「5セント」と答えたところやはり納得していました。Kさんに感謝です。

こういう何気ない会話の中からいろんな情報が入ってくることよくあります。今回の活動の最初にWさんが以前フランス人からパスモのカードの残金を返金したいと私たちのブースに来た時のことを話していたら、今回も活動の最後の最後に同じくフランス人が同じ質問をしていきました。結局Wさんがてきぱきと対応して下さいましたが、その時も「ああ、あれか・・・」と思い出しました。

さて、今回はお友達のふじもんさんも見学に来ていました。彼女が来たあたりからだんだんと来る観光客も少なくなりまして、雰囲気がつかめたのかどうか・・・でも楽しんでくれたようで良かったです。

来月も楽しく活動したいと思います!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

浅草ボランティア日記 4月11日

春になったせいで気持ちが一転したのか今週の浅草でのボランティアはやたらと外国人の子供連れが私たちのブースに来ていました。もう何度も一緒に活動しているKさんは日本語で「やあ~、かっわいいheart02」を連発!お母さんに買ってもらったおもちゃの日本刀(プラスティック)を下げている兄妹もいましたね。

今回は外国人の観光客も久々に多かったです。

エレベーターを探していますと来られたイタリアからの女性2人。どう説明していいのか咄嗟に言葉が出てこなかったのでエレベーターまでお連れしました。これは課題ですね、勉強しないとcoldsweats01

そんな活動中にバックパッカーらしき女の子(ポルトガル人)2人組。英語があまりにもなまりが強く私は早々に脱落しましたけど・・・coldsweats02

予約していないがこのホテルに泊まりたいので場所を教えてほしい(結局住所が間違っていた)、さらにドルを両替してくれるところを探していると。「それが出来なかったら私たちは路上に泊まるしかないんです・・・」と目をウルウルして訴えられまして・・・ところがここ浅草は両替してくれる所がないのです。シティバンクもなし。観光案内所近くのセブンイレブンでお金を引き出せるので私たちはいつもそこをお勧めしてますが、彼女たちはドルのみ所持しているのです。おそらくホテルならレートはよくないけどエクスチェンジしてもらえるはずとKさんが伝えました。さらに泊まる予定のホテルも場所が全く分からない!あとで聞いたらカプセルホテルだったことが判明。お仲間のTさんが彼女たちをそれと思われる場所まで案内していました。明日富士山に登り、その後箱根へ行き、京都にも行くのだそうです。心配ですが頑張ってほしいです!

さらに「フランス語を話す方がいるんですね」と来られたフランス人女性2人。

フランス人「ボンジュール!フランス語話すのね?」

MIMIさん「はい、そうです。ボンジュール」

フランス人「浅草観音に行きたいのよ」

MIMIさん「浅草観音なら、1番出口を出てまっすぐ通りを歩くとすぐに右手に赤い門(雷門)が見えますから、右に曲がり門をくぐってまっすぐ歩いて行くと・・・」

フランス人「うんうん、それは分かってるのよ~ところであなたはどこでフランス語を勉強したの?」

MIMIさん「東京です」

フランス人「フランコジャポネ(日仏学校ですかね)?」

MIMIさん「フランス料理教室で勉強しました」

フランス人「まあ、フランス料理も!(ここでにっこり)」

・・・とまあ要はフランス語話したかったのでしょう(笑)本当におフランス圏のみなさんは気持ちを素直に表現しますね。

ところで、先ほどのポルトガルから来られた2人組。最初Kさんはメキシコから来たんだろうと思い、実は私も中南米から来たのかと思っていました。話す言葉が巻き舌の英語だったので(笑)

スペイン語、イタリア語、ポルトガル語。。。みな聞いた感じ同じに聞こえるのですが、そこで思ったのです。ここ数年前に訳あってやめてしまったスペイン語でせめて浅草寺への行き方くらいは言えるようにしようかと。

浅草在住のご年配のもう一人のKさんは、一年前から韓国語を習い始めたのですが、ここ数か月間の進歩は素晴らしく今日改めて韓国語で浅草寺への行き方と、渋谷への行き方を説明しているのを聞いてとても自然に応対しているのを見てびっくり!こういう方がいると励みになります。

とまあこんな感じでボランティア活動も終わりました。また次回が楽しみです。

ちなみに今日のランチは観音通りの「すし栄」でマグロのづけ丼をいただきました。表面を軽く炙っているのでかつおのたたきみたいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレンチトースト 

Getattachmentpainperdu
朝食用でも3時のおやつにも合うと思います。

卵、牛乳、お砂糖、バニラエッセンスをよく混ぜます。ビニール袋にスライスしたフランスパンと卵液を一緒にして冷蔵庫で一晩寝かせます。翌日になったらフライパンにバターを溶かしてパンを焼いて出来上がりです。

ちなみにこの作り方は料理研究家の脇雅世さんのレシピです。

フランスパンも最近は小さめのサイズが売られてますが、それでも余ってしまうときにはサンドイッチにしたり、クルトンにしたりしますけど、フレンチトーストが一番多いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末は浅草で

とうとう桜が咲き始めましたねcherryblossom4月に入っても寒い日が続きましたが、春がようやくやって来たような気がします!

今朝井の頭公園内をジョギングrunしていたら、朝から寝袋持参で場所取りをしている人たちが何人もいました。みなさん朝からご苦労様です。


さてさて先週末は二日間とも浅草で過ごしました。土曜日は友人のT吉(女子)と毎年恒例の浅草寺へのお参り。そして翌日は浅草ボランティアのお仲間の皆さんと隅田公園でのお花見でした。


Getattachmentimo
T吉は浅草へは私とのお参り以外に来ることがないので、毎回新鮮な気持ちで散策するようなのですが、私は毎月来ているのでT吉のリクエストに応えて満願堂で名物の芋きんをお買い求め。作りたてのほかほかをいただいたので美味しかったです。その後にうなぎやっこで・・・これは私の大好物ですが、うなぎを食べました!泥臭さもなく脂が乗っていて美味しかったです。


翌日の隅田公園のお花見cherryblossomでは各自料理の持ち寄りでした。活動していても普段顔を合わせることない皆さんなのでこういう飲食を含む集まりがあると良いですね。浅草在住のKさんも前日にお会いした時には来る予定がなかったらしいのですが参加してくださってました。お友達のふじもんさんも来てくれました。彼女のノリの良さにありがとうですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »