« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

ワインについてお勉強3

先日自宅でワインを購入して飲んでみました!グルナッシュ100%の「ラ・パッション コート・カタラーヌ 2008年」です。ちなみにAOCではなくVDP扱いです。

ワインの本によるとグルナッシュは赤ワインでも色は薄めで、南仏ではロゼワインの種類として使われていると書かれていたのですが、このワインはかなり濃いめの赤紫です。こんなに濃いめの色はグルナッシュにシラーが混ざっている場合にあると本で読んでいたので。。。ちなみに今回のコート・カタラーヌとはラングドック地方で南仏に位置しています。

・・・ということで???が飛び交っていますが、このあたりはまた追って調べたいと思います。

さて試飲の感想はといえば、先日試飲したのと同じくグルナッシュ種らしいスパイスの香りがしました。酸味とタンニンはあまり感じませんでした。一日では飲みきれなかったので翌日も飲んでみましたが、不思議にも翌日の方が私には飲みやすかったです。ワインが冷やされてたから飲みやすく感じたのだろうと思っていたら、例のワイン本に「デカンタして空気を含ませた方が美味しい赤ワインもある。経験上○○や××、南仏のワインにそれを感じることがある」と記載されていたので、私の感じたのも一理あったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインについてお勉強2

友達のYさんのお誘いで新宿にあるワインバー「MARUGO」に行きました。

末広通りにあるこのワインバーですがこの界隈に他にも2店舗あるようです。店内に入るとカウンターへ通されました。ワインをグラスで好きなものを注文。私はミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ2008年ビオワインを注文しました。最初の香りは弱めのフルーツの香りです。リースリング2007年のようなパイナップルのような香りとは違いました。この日は2杯同じワインを頂きました。

同じワインでも最初に受けた印象と時間が経ってからの印象は、やはり最初の方が適格なのだそうです。確かに2杯目になると香りも1杯目に比べると同じワインでもあまり感じなくなりました。

ちなみにYさんはグルナッシュとシラーのブレンドされたワインを飲んでまして、私も少し試飲させてもらいましたけど、南麻布でのワイン会で飲んだやはり同じグルナッシュのワイン同様に甘くてスパイスがかった香りでした。同じ赤ワインで重めのものがありますが、それよりも口当たりは良いような気がします。

私が読んでいるワイン本によると、シラー種は黒みがかったような紫色が特徴でこれは判別が簡単に出来るようです。

カウンターでワインと料理を頂きましたけど、女性のバーテンさんがいたので少しお話をしましたところ、なんと元塾講師の方!ワイン好きが高じて転身されたそうです。好きなことを仕事に出来るってなかなか出来ないから実は羨ましかったりもします。ブラインドしてワインの銘柄を当てる訓練も欠かせないようで、初心者の私にはそんなことははるか先のことですねえ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅草ボランティア日記 7月11日

今回のボランティアは午前中より参加です。いつものように早い時間はあまり問い合わせもなくのんびりとしていました。メンバーは今まで何回かお会いしたことのあるみなさんでした。

駅の券売機のあたりで途方に暮れているらしいカップルに声をかけてみました。ところがものすごく訛りが強い英語で、どうもスペイン語圏から来たらしく、銀座に行きたいということがなんとか分かりまして、早速大人二人切符を購入するのをお手伝いしたのですが、なんとワタクシ、浅草~銀座間190円を160円で購入させてしまいましたcoldsweats01自分から声をかけてしかも値段間違えてしまうとは・・・いったいあのカップルはその後大丈夫だったのだろうか???あまり英語が得意そうではなかったから。改札で止められている姿が目に浮かびます・・・


この日は中国圏の方がやたらと多くて、中国語担当のIさんは「実はしばらく中国語を勉強していないんですよねえ。」と言ってるそばからどんどん問い合わせが来てしまっていて対応してましたが、意外にもこういうときのほうが勉強になるんですよね。

そう思っていたら「あの二人フランス語みたいですよ。」とKさんが。見ると「フランス語ですって。」という女性の声が聞こえてきました。こちらのブースをじーっと見ているので、声をかけてみました。すると「パスモカードで成田までの行き方を教えてほしい」という、とっても苦手なことを聞いてきましたcoldsweats02

なんとかうまく説明して分かっていただいた後に、そのカップルとお話をしたのですが「フランス語を話す方に会えてとてもうれしい。フランス語は動詞の活用があるからなかなかねえ・・・(これって自慢(笑)???)。ところでパリの地下鉄とちがってとても東京の地下鉄はきれい。」と話していました。その後お別れしたのですが、改札でうまく入れなくているので再び向かったところ、読み取りのセンサーの上に「カードを滑らせて大丈夫なのかチェックしてから通りぬけようと」していました。東京に住んでいる私たちはポンとカードをタッチさせて何にも考えずにそのまま通りますけど、彼女の反応にはへえ~そんなものなのかと。ちなみにこれから上野動物園に行くのだと話していました。

そんな中で彼らが銀座線を「ギンザ」ではなく「ジンザ」と発音していました。確かに・・・そうですね。「ヒビヤ」を「イビヤ」と言い、「アキハバラ」を「アキアバラ」とよく言っていますがここは押さえていませんでした。

また切符の買い方を聞きに来たアトランタから来られた黒人女性が本当にきれいで、しかもあのドレッドヘアお見事でした!去り際に「英語でコミュニケーションが出来てよかった」と話していました。英語圏の方に言われたことがなかったのでこれはちょっとしたうれしい驚きです。

そうこうしている間に活動も終了しました。今日のランチは飯田橋在住にして浅草は初めてというNさんと、ワインをこよなく愛するもう一人のNさんと3人で天ぷら屋さんの「三定」で天丼を頂きまして、その後に神谷バーで電気ブランを頂いたのでした。実は午後からはこのお二人と浅草を散策したのです。わたしにとっても浅草は何度歩いても勉強になるのでちょうど良い機会でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南麻布でのワイン会

ワイン会なんてそんなもん出たことないし、だいたい何をするのかもよく分からないままに、ワイン1日体験クラスで一緒になったYさんの知り合いの方(Dさん、フランス人)主催のワイン会に行ったのでしたwine


事前に「アルザス又はローヌ地方のワイン」との指定でしたので、それを購入しての参加です。メンバーはYさん、そのお友達のMさん、DさんとガールフレンドのRさんです。


持ち寄った簡単なおつまみとグラスをテーブルに並べられてスタートです。


開栓するソムリエ用のオープナーを数種類見せてもらいましたが、やはり自宅の廉価品とは明らかに違いました。スクリューの部分がプロ仕様のものは細めで先端も明らかに鋭いのです。Yさんも開栓に挑戦しましたが、するりと栓を抜いていたのでやはり良質のオープナー大事ですねえ。購入時にお店で開けてもらうと友人数名に話したらびっくりされたので(笑)このあたりからまずは買い替えた方が良いかもしれないです。


そしていよいよグラスにワインが注がれてテイスティングです。いわゆる普通のワイングラスとテイスティング用のワイングラスの2種類。。。同じワインでも口に含んだときの印象が違いました。空気に触れる部分が広いか狭いかの違いでこんなに変わるものなのですね~グラスは飲む前に必ず匂いをチェックすること。これは洗剤のにおいが付いていたりすることもあるからなのだそうです。そういえば今読んでいるワインの本にも同じことが書かれてましたよ。


今回私が用意したのはアルザスのリースリング、2007年です。Yさんも用意してくださったのも同じリースリングで2007年。同じ品種なのに全く香りや口に含んだ印象が違うのです。面白いです。私が用意したワインのほうがどちらかとフルーティな香りが立つのに比べて、Yさんの用意したリースリングは正反対に香りがあまりなく、タイヤのような???ワインの1日体験クラスで試飲したワインに印象が近かったです。ワインの本にリースリングについての解説に「ゴムを焼いたような」と書かれてましたが、それが近い表現かな。


あと私がワインに詳しい方に会うたびに聞いている「ある質問」をしてみました。これなかなか答えてくださる方がいなくて、時には鼻で笑われたこともありましたけど、先日のワイン学校で先生が初めてきちんと答えてくださってからはますます自信をつけて・・・何の自信かというと・・・あ、別に変な質問をしているのではないなって・・・ことですが(笑)、今回もDさんは「そこまでして美味しいワインに仕立てて飲みたくはない」と答えてました。


なんでこんな質問をしているのかというと、ピーター・メイルさんの本で「プロヴァンスの贈りもの」に書かれているようなことが実際可能なのか知りたいだけなのです。


するとDさんが「プロヴァンスの贈りもの」のチラシを見せてくれまして、すると意外なことに、Dさんの取引相手のシャトーがこの小説の映画化の時に撮影に使われていたことが分かりました。不思議な偶然ですね。

今回は5本ワインを開けましたが翌日も悪酔いすることなくすっきりと目が覚めました。美味しいワインを頂けて本当に幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »