« 京都旅行 その1 | トップページ | 京都旅行 その3 »

京都旅行 その2

Dsc00934

本能寺は織田信長が天下統一を目前に最期を遂げた場所として知られています。今の本能寺は「本能寺の変」のあとに移築されたもので、1582年の「本能寺の変」が起きた時には油小路通りを四条通り方向へ入って行ったところにありました。

本能寺があったことを示す碑が残っています。以前はここは「本能小学校」という学校でしたが今は公共の施設に変わっていました。400年前ここは日本史の重要な舞台だったのですねえ。。


さてこの本能寺ですが、今回は宝物殿で信長の遺品などを公開しているとのことでさっそく展示品を見てみました。


と言ってもそれほど多くもなく茶器が多く展示されていました。普段も使われているかのようにピッカピカshineすべて国宝級のものが当時信長のもとに集まっていたようです。冷徹さと革新的な性格と持ちながら、これほどまでに信長が茶器にこだわった理由は「アルコールが実は弱い体質だった」らしいのです!お酒強そうに見えますけどね(笑)意外でした・・・

また本能寺の変が起きた時の様子などが書かれていました。読んでいくうちに残念だなあという気持ちが湧いてきます。織田信長が生きていれば日本の歴史もずいぶん変わっていたと思います。私は織田信長が歴史上の人物で好きなので余計にそう思います。

近くに南蛮寺という信長の庇護を受けた宣教師たちのための建物跡があるようですが今回見つけられませんでした。次回また調べて訪ねてみようと思います。

ところで先日テレビを見ていたらスケートの織田信成君が本能寺へ墓参して、バンクーバーオリンピックでのメダル獲得を織田信長に誓ったという、テレビとしては面白い企画をしていましたけど、織田家にとって本能寺って実際どうですかねえ。だったら桶狭間とか行ったほうがいいんじゃないですか??でもそれではテレビとしては面白くないか・・・

京都には織田信長のお墓が数か所ありまして本廟が相国寺を先に行った阿弥陀寺というところにあります。普段は立ち入れないとのことで碑のみ写真でパチリcamera
Dsc00928

|

« 京都旅行 その1 | トップページ | 京都旅行 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/46021406

この記事へのトラックバック一覧です: 京都旅行 その2:

« 京都旅行 その1 | トップページ | 京都旅行 その3 »