« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フランス人のDNAはフランス製を見つけだす能力があるらしい

もう7、8年前にフランスで当時5,6千円くらいで購入したノースリーブのワンピースは柄と色がお気に入りでちょっとしたお出かけ用にして愛用してました。

ところがもうこれも古くなってきたからと、今年から通勤用に格下げ(!)することにしまして、早速会社に着て行った時のことです。私の座っているデスクの近くにフランス人の偉い方がお部屋付きでいるのですね。私は何気なく横を通ってプリンターへ向かった時に呼び止められました。ふとお部屋のほうを見るとこちらに手招きしているのでお部屋に入ると、

「今日着ているそのドレスすごくいいね。とても形や柄がきれいで僕は好きだけど。」

と言われました。ひょえ~「これフランスで買ったんですけどね。」と言おうかなあと思いましたけど、そのままありがとうの返事をして席に戻りました。

そしてその日の夜はフランス語の授業があったのでその格下げワンピで参加した時のことです。そこでも先生(フランス人)にドレスがエレガントできれいだと言われました。フランス語の先生は人をほめるのが好きらしいのですが、この洋服のここが良いと言われたことはその時が初めてだったような気がします。

今までもいろいろな服を着てましたけどね。ちなみに格下げしたのだからそれに代わるお出かけ用のワンピースを揃えているのですが、それに関しては未だに何も言われません。

そうしたら、先日2カ月ぶりにフランス語の授業に参加した時のことです。この日は黒のなんちゃってDIES○L風のカットソーと、フランスで以前購入した白黒のギンガムチェックの短めのパンツ(フランス語ではパンタクールです)を着て行きました。

そうしたら授業の終わりに先生から「そのパンタクールはとてもいいね。フランスぽくって。フランス人はよくそういうパンタクールを履いているんだよ。」と言われました。

そういえば秋口になるとはいているフランスで買った柄のスカートも以前良いと言われたことがありましたっけ。でもこのギンガムチェックのストンとしたお洒落でもなんでもないパンツをほめられるとは意外でした。フランス人の「フランスの製品」を見分ける目はすごいですね~。DNAか何か組み込まれてるのでしょうか???

後日その格下げワンピースですが、またお出かけ用に復活して、お出かけ用に購入したワンピースは通勤用に格下げしました(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »