« フランス人のDNAはフランス製を見つけだす能力があるらしい | トップページ | 連休中はひたすら「おうちご飯」   »

ワインについてお勉強5

Vin

Chateau Doisy-Vedrines 1998
Grand cru classe en 1855
Bordeaux
Pierre Casteja Proprietaire a Balsac


ソーテルヌの甘口ワイン。世界の三大貴腐ワインの一つにあげられています。375mlのサイズは試飲にはちょうどよいサイズですね。色は黄色を通り越してオレンジに近い色です。見るからに甘そうなワインだなあと思って購入したら、本当に甘かったです。いつも読んでいるワインの本に書かれている通りでした。

飲んだ時には甘い!の一言。若干のスパイスと蜂蜜の香りがしました。以前に飯田橋のNさんのお宅で頂いたアルザスの白でグランクリュとやはりエチケットに書かれていたワインと似たようなものを感じました。ただそれと違うのはアルザスのワインはスパイスを感じることがメインでしたが、こちらのワインは蜂蜜の香りが後に残るのです。

お店の人からはブルーチーズとの相性が良いと言われたので、一通りに食事が済んでデザートの前にチーズと合わせて飲むデザートワインなのでしょう。甘い飲み物ものがやや苦手の私にはそのあとに続くでデザートを考えると・・・選択に迷いますね。お勧め通りにブルーチーズと一緒に合わせてみたらとても美味しかったです。


|

« フランス人のDNAはフランス製を見つけだす能力があるらしい | トップページ | 連休中はひたすら「おうちご飯」   »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/46282810

この記事へのトラックバック一覧です: ワインについてお勉強5:

« フランス人のDNAはフランス製を見つけだす能力があるらしい | トップページ | 連休中はひたすら「おうちご飯」   »