« 銀座レカンでランチしました | トップページ | マクロビオティック料理は思ったよりも大丈夫・・・ »

オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を観に行きました

先日新宿で行われたオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を観に行きました。従来のオペラの演出ではなく、より現代風に私たちでもわかるように演出されているのです。最近のオペラはいろいろな試みがされているのですね。すべて登場人物の名前は漢字に当て字されていて、衣装も日本風、歌詞と音楽はそのまま。一昨年も「ファル・スタッフ」を観に行きましたが、こちらは歌舞伎をみているような演出で本当に楽しめました。

ちなみにオペラ「ドン・ジョヴァンニ」とはこんな作品です。

ドン・ジョヴァンニは時空を超えていろいろな時代に現れて女性を求め、戦国時代にドンナ・アンナを誘惑し、現代の原宿で婚約者のいるツェルリーナを誘惑、そして時空を超えて彼を愛するために嫉妬しながらも追いかけるのはエルヴィーラ。ちなみにエルヴィーラの心の部分を後ろでフラメンコ風の踊りで表していましたが、フラメンコはこういう人間の激しい気持ちを上手に見せますね。

オペラは歌舞伎を同じで正装してお行儀よく見物しますが、その内容は人間の喜怒哀楽が描かれていて、でもとてもきれいな音楽と歌にそれが置き換えられていて、そのギャップがとても面白いなあと思います。

最後にドン・ジョヴァンニ前に不動明王(騎士長)が現れ改心を迫りますが、舞台後方の壁に真っ赤な炎、フラメンコダンサーが踊っている・・・途中で見ていくうちに「あれ、これってどこかで観たような気がする・・・」と思っていたら、そうです、あの「オペラ座の怪人」の中に出てくる「ドン・ファンの勝利」というオペラの上演中にファントムとクリスティーヌが歌うオペラ「ドン・ファンの勝利」に出てくる「ポイント・オブ・ノー・リターン」のあのシーン・・・あれに似ているのです。

確かあのシーンもクリスティーヌにファントムが「ラウルを選ぶか、自分とともに地獄に落ちる覚悟があるのか」という、ファントムにとってもクリスティーヌにとっても選択を迫られるような状況だったはず。あの頃読んでいたブログの中に、「この場面はキリスト教精神がよく表されていて・・・」と書いてあるのを読んで、「そんなわけないっしょ」と思ってましたけど、あながち間違いでないかもしれないですね。

・・・さらにその後解説でわかったのことなのですが、この不動明王の現れる場面の音楽はその後の作曲家に影響を与えていて、「オペラ座の怪人」の登場曲にもそれが出ているのだそうです。もしかしたらアンドリュー・ロイド・ウェバーはオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を意識したんだろうなあ、なんて思いました。

|

« 銀座レカンでランチしました | トップページ | マクロビオティック料理は思ったよりも大丈夫・・・ »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/46349270

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を観に行きました:

« 銀座レカンでランチしました | トップページ | マクロビオティック料理は思ったよりも大丈夫・・・ »