« スペインワインで気分高揚! | トップページ | 浅草ボランティア日記 忘年会 12月19日 »

浅草ボランティア日記 12月19日

今年最後のボランティアです。

いきなりフランス人観光客の連続の問い合わせでしたが、最初のカップルからは六本木への行き方を聞かれたので上野から日比谷線で乗り換える方法を教えました。その後券売機でも買い方が分からずにいたので、合わせて説明しました。あの女性はぺネロぺ・クルスみたいに綺麗でしたね~

そして2組目の一見イギリス人に見える男子2人。でもよく聞いてるとあのフランス語なまりがあるのでフランス語で話しかけたら答えてくれました。日光に行きたいらしいので、出口A4から松屋デパートへの行き方を説明したいのですが・・・わたしもいまいちよく分かってない・・・「出口を出たら通りを渡って・・・」そもそも出口が吾妻橋側に向かってるのか、松屋側に向いてるのか分からなくなって、結局お仲間の皆さんに「途中まで一緒に行ってみたら?」とアドバイスもらったのでそのままお連れしました。この二人一週間かけて奈良、京都、箱根と回ってきたのだそうです。すごい行動力!通り渡って交番前で「目の前の松屋の建物2階に乗り場があるから、エスカレーターかエレベーターに乗って行ってください」とお見送りしました。

しかし後で分かったことが、最初に対応していたMさんによるとこの二人組はJRパスを使って日光まで行きたかったらしいのです!!!・・・それなら上野まで銀座線で行きそこからJRで行く方法を以前案内したことがあるのですよ・・・余計な出費をさせてしまいましたね。

この日は羽子板市の最終日ということを駅員さんから聞いていたのですが、あまり問い合わせはなかったですね。普通に浅草寺への行き方のみ聞かれました。

この日に一緒に活動に入ったMさんはハワイで以前観光関係の仕事で働いていたことがあるらしく、そこでの日本人観光客のマナーの悪さについて聞きました。私はハワイに行ったことはありませんが、ハワイってそんなに個人旅行で行っても日本人が困ってクレームをつけるような場所ではないと思っていたのですが。よくツアーで行くと、ある観光地で他の国の人たちと一緒になっても途中から日本人だけ別待遇されることがあり、個人的にはうれしいけれども特別なくてもいいような気はしてましたが、もしかしたら日本人の「お客様意識」がそうせざるを得なくさせているのかもしれないです。また日本人従業員と日本人観光客の間でのトラブルも聞いていると・・・よく外国の免税店などで日本人従業員の接客態度が良くないなあと感じる時があったのですが、もしかしたら従業員のみなさんも日本の素晴らしい接客サービスを当然と思い要求する日本人に辟易しているのかもしれないです。

お昼過ぎになんだかとっても不思議な男性(台湾)がやってきて、自分が連れて歩いている白クマのぬいぐるみ(名前はシロ)を私たちのブースに置いて写真を撮りたいと言ってきました。少し前にも来ていたらしくその時はNさんが対応していました。どうもそこで台湾の話で盛り上がったらしく、再訪した時に彼女のお母さんへのお土産でお守りと連絡先を渡していました。写真をネットで投稿(ブログやホームページ)しているという割にはそのブログの名前も教えてくれないし。。一体何が言いたいんじゃ!と思いましたけど。。。

時々いるんですよね、こういうとっても記憶に残るような観光客(笑)

というわけで無事に今年の活動も終わりました。みなさん良いお年を~♪♪

・・・と思っていたら帰りに恵比寿へ行く用事があったので、上野で日比谷線に乗り換えました。そこで気がついたのですが、銀座線から日比谷線に乗り換えるときはオレンジ色の改札を出ないといけないみたい。最初のフランス人カップルは大丈夫だったのかしら???だったら銀座で乗り換えたほうが良かったですね・・・というより私はよく銀座での乗り換えをお勧めしてたのですよ。。。

|

« スペインワインで気分高揚! | トップページ | 浅草ボランティア日記 忘年会 12月19日 »

浅草ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/47068929

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草ボランティア日記 12月19日:

« スペインワインで気分高揚! | トップページ | 浅草ボランティア日記 忘年会 12月19日 »