« 浅草ボランティア日記 4月17日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 5月15日 »

ワインについてお勉強 その7

吉祥寺にあるエノテカで始まったワイン講座に参加しましたwineやっぱり本で読むだけではなかなか覚えられないし、いろいろなワインも飲み比べられないので。参加者は私も含めて8名です。

乾杯の意味もありpresentスパークリングワインを飲みながら簡単な自己紹介をして講座が始まりました。

今回は初回なので配られたテキストと一緒にワインの基本的なこと(ワインの種類、ブドウの品種、作られ方、テイスティングの仕方)を教えてもらいまいましたbell

テイスティング用のシートにそれぞれ感じたことを書くのですが難しいですね。すべての項目に渡って書くことが出来ずに虫食い状態です(笑)テイスティングでするあのズルズルと音を立てて空気を吸うあのやり方・・・うまく出来ませんでした。仕方なく少し上を向いてupwardright空気を吸いました(笑)

100424_1536331

こちらは右側が泡もの用のグラス、左がAOCグラス(テイスティング用)です。

100424_1536092

左側がボルドー用グラス、右側がAOCグラス。大きさが全然違います!AOCグラスはブドウ本来の香りや味が分かるのだそうです。

おもしろいなあと感じたのは最初に白ワイン(ブルゴーニュ)を飲んだ時はどちらかと言えば、ゴムのようなタイヤのような匂いを感じましたけど、2種類の赤ワインの飲み比べしていた後に白ワインに戻ったところ、蜂蜜の香りを感じるようになり、さらに時間の経過とともにバターのようなまたは生クリームのような香りがしてきました。

2種類の赤ワインも最初はどちらも同じでインクのようなペンキの塗料のような匂いがしましたが、時間が経つと最初の赤ワイン(ブルゴーニュ)は土のような匂いとアメリカンチェリーのような香りが感じられてきました。でもやっぱりボルドーワインのほうが香りも良く、最後にはブルゴーニュのほうが水っぽく感じられてきました。今のところ分かるのはこれくらいですねえ。

お店の方曰く「ここでテイスティングの勉強していると街のお店で出されているワインは飲めなくなりますよ」とのことです。ワイン講座ではお店で実際売られているワインwineを使われていますが、値段を聞いてみて。。。はあ、おそらく受講料=ワイン代でしょうね。

参加者のみなさんのほとんどがボルドーワインが美味しいと感じていたようですが、残念なことに私には赤ワインのもつ渋みがいまひとつ好きになれない。私も赤ワインの美味しさが分かるようになりたいですhappy01

|

« 浅草ボランティア日記 4月17日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 5月15日 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

りりいさん、そうですよね。ワインの素晴らしさに今更ながら感動しています。テイスティングをすればするほど奥の深いものだと思いますshine

投稿: MIMI | 2010/05/03 02:03

時間の経過とともに味が変わっていくワイン、面白いですよね。一つのワインで何種類もの味が楽しめるなんて、素敵な飲み物だと思います☆

投稿: りりぃ | 2010/04/25 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/48173446

この記事へのトラックバック一覧です: ワインについてお勉強 その7:

« 浅草ボランティア日記 4月17日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 5月15日 »