« なつかしい!「ワインの一日」テキスト | トップページ | 真澄のお酒 »

浅草ボランティア日記 7月25日 少々落ち込み気味・・・

日曜の午後からなんて初めての参加でした。お天気もピカーッとしていて暑い暑い。

フランスのリヨンから来た男性2人に皇居への行き方を聞かれたのですが、個人的にはこの行き方は面倒だなあ、と思っていたのでどう答えていいのか迷ってしまいとりあえずいつも通りに教えたのですが・・・たどたどしいのが伝わったのか、切符の買い方を教える時に片方の男性が「彼女には英語話したほうがいいよ」と言っておられました(汗)

正直言って浅草から皇居って説明しずらいのですよ。私なら東京駅から歩くのですが、今まで東京駅からの行き方を教えたのはニュージーランドから来た日本語ぺらぺらの旅行者だけでした。

その二人組が去ったあとに、すっきりしないものを感じておそらく最年長のKさんに話すと「僕もそういう後になって気になることあるよ」と慰めてくれました。Kさん優しい(泣)

更にその後、積極的に活動しているOさんが担当した人がやはりフランス人で、Oさんが私に振ろうとするとそのフランス人の女性が「もう用件は済んでいるのよ」と私に言いました。

ところが午前中担当でランチから戻ってきたお友達のふじもんさんが、私に何て言ったのか聞いていたのですが、そこで「ただ聞いてみただけ、だって」となんと全然関係ないことを私も言ってしまうではありませんか!!!

まずい、もうフランス語話さないほうが良いかも・・・自己嫌悪。

気持ちは焦ります。

さらに、成田までの行き方を聞いてきたフランス人夫婦がやってきました。都営浅草線と京成線での行き方を勧めたところ、じつは新宿に宿泊しているのでそこからどう行けばいいのか、またはJRでも行けるのかと聞いてきたのですが、私は京成線のことと混同してしまい何のことか分からなくなり結局「インフォメーションはこれ以上ないので・・・」と答えてしまいました。

よくよく考えてみると実に単純な質問なのです。

願わくばあのご夫婦が宿泊先のホテルで問い合わせてくれているといいのですが。。。

というわけですっかり意気消沈していると、

「何も聞くことはないけれどフランス語って書いてあるから」と家族連れがやってきました。ベルギーのブリュッセルから来て1カ月間日本に滞在しているのだそうです。広島、高山、広島、姫路・・・などなど。JRパスもしっかりと準備していたのですが、一週間前に期限切れになったのとのこと。なんだかとても素朴な感じでとても好感の持てるご家族でした。ベルギー人のフランス語はかなりフランス人のとは違って、早口で勢いのある話し方という印象でしたが実際はそうは感じませんでした。

・・・もしかしたら普通の会話ならば大丈夫じゃないの!とすっかり落ち込んでいた状態が楽になりました。要は観光関係のフランス語をきちんとしなさいってことですね。

そんなこんなで無事に活動も終わりました。変な情報を教えてしまったみなさん御免なさい。そのほかのブースに来られたみなさんは楽しい旅行を楽しんでください!

****

さてその後浅草寺へお参りに行き帰りに時間外の最後の活動をしました。1番出口のところでガイドブック片手に迷っている女性2人組みに声をかけてみました。新宿への行き方が地下鉄が記載されていないJRのみの地図で見ていたために分からなくなってしまっていたようです。なので地下鉄のみでの行き方を説明するとにっこりとしてくれました。

以前にリヨンの空港からリヨン市内への行きかたが全く分からないまま、現地でいろんな人に助けてもらいながらなんとかホテルへたどり着いた時のことを思い出してしまいました。考えてみるとあの時の体験が、今の自分の浅草での活動を発願したきっかけですね~

|

« なつかしい!「ワインの一日」テキスト | トップページ | 真澄のお酒 »

浅草ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92614/49008177

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草ボランティア日記 7月25日 少々落ち込み気味・・・:

« なつかしい!「ワインの一日」テキスト | トップページ | 真澄のお酒 »