« 真澄のお酒 | トップページ | 麻奈先生の美容講座 »

浅草ボランティア日記 8月7日

前回の反省を踏まえて今回から独自にフランス語でも充分に「私が」説明できるように独自の資料memoを作り持参しました。

早々にフランス人の男性で「東横イン」hotelの場所を教えて欲しいと問い合わせがありました。浅草生き字引のKさんも場所がどこか分からないとねえ、とのことで、住所とか電話番号とか何か情報ないの?と聞いたら、探してみてもpc「なし」ということ・・・そこで私が持ってきたフランス語での地図で持って交番の場所を教えました。

もともとは東京駅周辺の地図を探しているうちに見つけた浅草周辺地図だったので、予定外のものだったのですが念のためにと用意したのでこれがお役に立てたのでよかった!

しばらくしてイタリア人の夫婦が両国への行き方を聞いてきました。JRパスを持っていることが分かったので、東京メトロsubwayとJR総武線trainでの行き方を教えたのですが、会話の最後に相撲レスラーはいるのか?と興味深げに質問されました。かなり大きい体の人たちと思っているようでした。

また今回初めて活動に入った方がいまして、聞けばおじいさんの代から日本に住んでいる韓国人の女性で、韓国語のボランティアで入ったものの、韓国語を話せるようになったのはつい最近とのことでした。しかもオーストラリアに留学していた時のルームメイトが韓国人だったのでそこで話せるようになったとのこと。

へえ~、思わぬ副産物ですねえpresent

その彼女が韓国人の若い女性と話をした後に複雑そうな顔をしていまして、どうも彼女はその若い韓国人旅行者を自分よりも年上と思っていたのに、相手も彼女のほうが年上と思い会話の中で「お姉さん」と呼びかけられたらしいのですcoldsweats01

韓国語にそんな呼び方があるのかと・・・ちなみにフランス語でも、見知らぬ相手との会話でMadameとか Monsieurと呼ぶこともあります。日本語では他人に対してそういった呼びかけることないですよね。あったとしても一般の会話の中では言わなくなっているというか。こういう呼び方が未だに成り立っている言語は、どれだけ見知らぬ人とのコミュニケーションが成り立つのか考えるとうらやましいと思いました。

さて今回も無事に活動が終わりました。また次回も楽しみですhappy01


|

« 真澄のお酒 | トップページ | 麻奈先生の美容講座 »

浅草ボランティア」カテゴリの記事