« 利久の牛タン | トップページ | 浅草ボランティア日記 10月16日 »

浅草ボランティア日記@東京都庁 番外編

先日某SNSでフランス語関係のコミュニティを見ていたところ、東京都庁の観光センターにフランス語で書かれた東京を紹介した冊子があるということなので早速行ってみました。

入口近くにその冊子があったので手にとってみると、すぐ後ろでやはりフランス語の冊子を取った女性と目が合いにっこりと挨拶しました。とても感じの良い女性で、息子さんと一緒に話しているのですが何かを探しているようなので、思い切って声をかけてみました。

すると築地市場へ行きたいということで、滞在ホテルは新宿なのでそこから大江戸線で築地市場まで行くように勧めました。

私「あと、大江戸線で行く時にはこの大門、または六本木へいく電車を選んでくださいね。」

マダム「???この方向・・・」

私「なぜならこの路線はこういう風に(数字の6)走っているので。。。こう(東新宿経由)行くよりもこちら(大門経由)のほうが時間が短く行けますよ」

マダム「ちょっと代わりに聞いて」と息子さんを呼びました。

込み入った説明をよく子供に聞いてもらうというのはやはり日本もフランスも変わらないのですね(笑)

その後少しお話をしたのですが、築地市場はやはり人気のようで朝4時半ころから始まって、140の見学席があるのだそうです。

私「市場の見学後には朝ごはんを食べるといいですよ」

マダム「お寿司とか食べてみようかしら。。。」

私「焼き魚もおススメですよ!」

その後隅田川へも行ってみたいのだけれどと言っていたので、丸ノ内線で赤坂見附まで行ってその後銀座線で行く方法をお勧めしました。大江戸線の都庁前がおそらく最寄りの感じがしたのですが、プラットフォームを変えずに乗り換えが出来るのでこちらのほうが便利ですよと伝えると、「パリよりも本当に便利ねえ」と感心していました。

なぜかお二人が「隅田川で散歩したい」という言い方から、私は水上バスの説明もしてたのですが、よく考えてみると単純に隅田川沿いを歩きたいのかもしれないですsweat01

しかし都庁にもたくさんの観光案内資料がありました。英語、韓国語、中国語で書かれたものばかりで、フランス語で書かれているのはこの冊子を地図しかないのですが、他の資料も見てみると楽しそうです。また時間を取って来てみたいと思いました!

|

« 利久の牛タン | トップページ | 浅草ボランティア日記 10月16日 »

浅草ボランティア」カテゴリの記事