« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

サーモンとスパイスのコラボ?!

手持ちの料理本のレシピを少しアレンジして作ってみました。名前を付けるならば「Saumon aux quatre épices」とでも言いますか。

055


元のレシピは「Saumon aux cinq épices」というのですが、調べたところこのcinq épicesとは5種類(川椒、アニス、クローブ、フェンネル、シナモン)のスパイスを指しまして、中国では「五香粉」と言うのだそうです。

ところが私の家にはこのスパイスがないので4種類のスパイス(コショウ、シナモン、ナツメグ、クローブ)であるquatre épices(キャトルエピス)とフェンネルで代用してみました。

炒めた付け合わせの野菜を耐熱皿に敷いて、その上にこのスパイスで味付けしたサーモンの焼いたものを乗せてオーブンで焼いたものです。

基本和食はお魚料理が一番と思っているので、作ってみたところ・・・ちょっと微妙かな・・・ダメ押しのフェンネルシードの香りがくどく感じました。

五香粉の買ってレシピ通りに作りなおすか・・・また機会があったら挑戦します。


|

安納芋食べました

先日近所のスーパーマーケットで購入。


Dsc01264

ふかした感じは普通のお芋ですが…


Dsc01267

中をぱっくり割ってみると、カボチャみたい!

とても甘くて美味しいお芋でした。

|

金曜ロードショーで「オペラ座の怪人」を観た!

久々に「オペラ座の怪人」ワールドにはまってしまいました。

今回は吹き替えが劇団四季ということもあり、まんまですからhappy01。しかもファントム役が高井さん、クリスティーヌが沼尾さん、ラウル役が佐野さんと私が観に行った時とまったく同じキャストでいい感じ♪

高井さんの歌を楽しみにしていた視聴者がほとんどだったのじゃないかしら。

観るたびに「オペラ座の怪人」の音楽の素晴らしさや、ストーリーの美しさと切なさ、舞台美術の華やかさなど視点が変わり飽きるところはありません!

しかも今回は今までまったく聴くことが出来なかった日本語吹き替え版。

高井さんの「Music of the Night」は、セクシーなジェラルド・バトラーheart04のイメージに対して最初声が高いような気がしたけれど・・・でも歌のうまさはジェラルドより何百段も上(笑)

でも「Point of No Return」では高井さんの声で逆に引き込まれてしまいました~クリスティーヌも沼尾さんの声がエミー・ロッサムのイメージに違和感なく聴こえたし…何よりも「ブラヴァ~!」と思ったのがカルロッタbell私の愛すべきキャラクター。日本語吹き替えで見事に三枚目の性格を持つカルロッタに変身sun

それに映像を観るとまた違った解釈も出てきました~

今まではファントム、クリスティーヌ、ラウルの三角関係に目が行っていましたが、今回はやたらとマダム・ジリーが気になりました。すべてを知る女性。古い知り合いなんだから、本人にビシッと言い聞かせて奇行をやめさせれば、こんなに話がややこしくならなかったのではないの!と思いますが・・・何だかファントムに対して、ただの同情心,、尊敬の念や昔からの知り合いというだけではない、特別な感情があるような気がしてなりませんでした。

また「Point of No Return」で橋の上での後に、ファントムはクリスティーヌを連れてオペラ座の地下へ消えていくのですが、ファントムが地下で自分の呪われた運命をクリスティーヌにぶつける個所は、どちらかと言えばクリスティーヌによって公衆の面前でマスクを剥ぎ取られたことに対する「クリスティーヌへの怒り」の感情だったような気がしてならないのです。

と、いろいろな解釈がそのたびに出てきますが、それが「オペラ座の怪人」の魅力とも思えるのです。

そういえば先日約5年間にも渡る疑問が自分なりに答えが出ました。じつは「オペラ座の怪人」に関するものだったのです。そのうちに日記に書くつもりです。

|

超おすすめっ!「ラスト・スキャンダル」

ドラマにもいろいろあるけれど、このラストスキャンダルは本当に第1話から面白い!!


39歳の主婦と今では韓国のスターになった初恋の男性との恋愛ものだけど、このスター(ジェビン)ことドンチョルがとにかく見ていて飽きない!


時にはスターshineであり、かと思うと子供っぽかったり、それが急に大人の言動だったり・・俳優さんの演技が良い味を出していて、こうシリアスなシーンも「ぷぷぷ・・・」と笑いを誘ってしまうような・・・見ていると若かりし頃の日本のスター「H・GO」!(笑)なんでこの人こんなに面白いの~!

あらすじは最初のタイトルをupwardrightクリックしてください♪


またこのドラマの主題歌が80年代を思わせるような単純なメロディで結構好きhappy01

ジェビンことドンチョルは最初はソニを「アジュマ(家政婦さん)!」と呼びつけてはあーだ、こーだと指図するのが、だんだんと昔の恋心を思い出してソニを好きになっちゃうのですよ。そして眼鏡をかけたソニの目をレーシックで矯正してあげたり、ドレスをプレゼントしたり美容院へ連れていったり・・・だんだん昔の可愛かったころのソニに戻るのを見てうれしそうなドンチョル。

ドンチョルの兄で芸能事務所社長のドンファもいつの間にかソニを好きになっちゃうのよね。それで靴をプレゼントしたりboutique、映画を観に行く待ち合わせのときに普段のドンファだったらぜーったいこんな服装しないぞっていうくらいカジュアルダウンしていて、私から見ればこの時のドンファは高ポイントですねpass

あ~、スターに見染められるのって、お金持ちに見染められるのってこんなに幸せなのねって、あり得ないことだけどなんだかとってもうらやましいぞ!と思いながら見てしまいましたhappy01

|

レシピ「大根おろしとツナのスパゲッティ」

Dsc01162

材料 1人分

大根おろし  150g
ツナ  1/2缶
乾燥パスタ  100g
オリーブオイル  適量
醤油  適量
コショウ  少々
刻み海苔  適量

作り方

1.パスタを茹でる。茹であがったらざるに上げてオリーブオイル、コショウをまぶしておく。

2.お皿にパスタ、大根おろし、ツナの順に盛り付ける。醤油を適量かけて、刻み海苔で仕上げる。


|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »