« 浅草ボランティア日記 1月7日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 1月22日 »

ワインについてお勉強その20 「ボルドー」

今月からまたSTEP3としてのワイン講座wineが始まりました。テロワール別になるようだと聞いていたのですが、初回いきなりボルドーで「ええっ!?」・・・だってボルドーは年末の紅白のトリshine飾るようなものと思っていたので、それがいきなりトップバッターですから!

Dsc01299

こちらが今回試飲したワインですwine

赤ワインはすべて2005年のTAILLEVENT(タイユヴァン)のワインでした。サンテステフ、ポイヤック、サンジュリアン
とそれぞれの村ごとに飲み比べが出来ました。ちなみに白は2003年のシャトー・マルゴーでした。

Dsc01301


Dsc01302

赤に関しては違いがあまり感じられませんでした。先生も「タイユヴァンで飲まれることが前提だからではないか」と話していました。

強いて言えばサンジュリアンが私は好きかな。ざらっとした舌触りは感じるのものの、時間の経過とともに香りや味の落ち(?)があまり感じることなく飲めました。

さてさて白ですが、こちらは最初黄色いフルーツの香り(?)がパーっと広がり、それがハーブの香り(もしかしたらグレープフルーツだったのかも・・・)に変化し、最後はバターを焦がしたような香りに変化したとても面白いワインでした。値段は1本約2万円!でもそのくらいはするでしょうねえ。。。

さて今回はボルドーゆえにワインもあまり喉を通ることなく終わってしまいました。それでも美味しいワインを頂けて幸せ気分ですhappy01

|

« 浅草ボランティア日記 1月7日 | トップページ | 浅草ボランティア日記 1月22日 »

ワイン」カテゴリの記事