« 俳優Aさんのお母さんから聞いたとてもいいお話 | トップページ | 浅草ボランティア日記 2月20日 »

韓国ドラマ「天使の誘惑」

うーん、面白かったけどストレスたまる~sweat01

あらすじはこの辺りをクリック!

両親を失い辛酸を舐めてきたアランweepが、同じく実の母の秘密を知ったジュスンと一緒にアランの夫ヒョヌの実家「シン家」へ復讐を遂げようとするところから話は始まります。

そして夫ヒョヌもアランに殺されそうになるのを生き延び、その後は別人になりアランへの復讐を誓います。

二人の間で起きる持ち家の別荘の爆破impact、全身整形hospitalして別人になりすましたり、公文書偽造、株主総会buildingで経営権の主張など、不渡り手形など巻き込まれるヒョヌの家族(シン家)も株主もいい迷惑です(泣)


なんだかここまで大がかりに揉める必要があったかしら???ローズマリーとして人気No.1ホステスで生きてきたアランならば、自分のお客に一人ぐらい有能な弁護士あたりがいてその人に何とかしてもらうとか出来なかったのかしらね~coldsweats01

さんざん足がつかないように注意しながらも、肝心のときにはうっかりミスで証拠掴まれてるしng…ものすごく重要な内容を外で5メートル離れた所でも聞こえるように堂々と話しているしbomb、銀行や病院は個人情報を平気で漏らすしdown。ここに出てくるみなさんは頭が良いのか悪いのか、用心深いのか注意力散漫なのか良く分かりません!

しかもあちこちにドラマの展開上は仕方がないのか、あちこちでご都合主義sign04が見受けられあまりのタイミングのよさflairに驚きです。


その中でも「ちょっと…」と思ったのはヒョヌ(ジェソン)ですが。アランにバレないように、全身整形のみならず声や嗜好品を変え、乗馬や高所恐怖症を克服までしておきながら…なんで趣味の「紙人形」作りだけが残ってしまったのですかねえ(笑)sweat02


そしてヒョヌの母親。この人がすべての黒幕ですね。やってることのつじつまというか一貫性がないのですよ。気がつかないふりをしていたダンナもダンナです。それが却ってこういう結果を導き出したのなら・・・アランにはアランなりの正義があり最後の頃には同情したけれけど、いつも保身しか考えないで生きてきたこの母親には同情出来ないですね。

時間があったので図にしてみました。。。
↓↓↓↓↓↓


アランとジュスンのシン家への復讐編

Cocolog_oekaki_2011_02_10_21_09


ということで最後の感想は「。。。まったく、シン家の嫁たちは!」


でも最終回に向かうにつれて、みなさん突然善良&和解モードに突入!そしてジュスン…本当にいろいろな意味でお気の毒でした(泣)一番人の愛を求めていたのはジュスンだったでしょうね。そして全身整形までしたヒョヌ。いつか元の体に戻すのかな??

以上ですbleah

|

« 俳優Aさんのお母さんから聞いたとてもいいお話 | トップページ | 浅草ボランティア日記 2月20日 »

韓流ドラマ」カテゴリの記事