« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

浅草ボランティア日記 9月5日

先月のうだるような暑さからは解放されるかと思われましたが、まだ夏ですね。今回も暑い中でのボランティアでした。一緒に入ったのはKさんです。浅草在住半世紀は軽く超えた方です。

午前中だったのであまり人も来ないなか、Kさんにハングル講座をしてもらいましたbookとりあえず日本語式に「あかさたな」の順では分かるようになったのですが、濁点がついたり破裂音になると分からないです。ローマ字式になるようなのですがね…

日本人からのロッカーの問い合わせ件数が結構ありました。また浅草寺へ行く外国人観光客もちらほら。新宿への行き方を久しぶりに説明しました。あ~、ボランティアしているって感じ!

震災前とは言わないけれど、そんなに問い合わせ件数も落ち込んではいません。

休憩はKさんから頂いたドトールのコーヒー券でちょっと一休みですcafe

Kさんと交代で休憩から戻りブースにいると、旅館への行き方を聞いてきた白人の女性がいました。住所から調べると国際通り近くということが分かりました。そのあたりにあるらしき表示が手持ちの資料にないのでとりあえず「このあたり・・・」と教えまして、さあこれで出発という時にその女性が

「フランス語話しますね?」と。

私のぶら下げているカードから判断して聞いてきたようです。フランス人ではないけれどサヴォアのあたりに以前住んでいたのだそうです。

そんな中で午後からのシフトでOさんとちょっとだけ会話しました。なんとボランティア仲間でしばらく連絡が付かなかった○○さんが最近参加し始めていることがわかりました~!いつか会えるような気がします。ほんとよかったよかったbell

そのOさんが旅行者の持つ地図の表紙の色によって話す言語が分かると教えてくれました。紫はフランス語圏ということで、さっそく改札口で探し物をしている女性二人にフランス語で話しかけたところビンゴ!!!浅草寺への行き方でした。

今日も無事に活動が終わりました。なかなか最近は思ったように参加できないけどまた次回頑張ります、

最後に・・・雷門前の交差点からのスカイツリーの写真です。
Dsc02248


|

お菓子作りに「バターメルター」

Dsc01891_2


アメリカの通販で見つけました。

バターを切って、器に入れて、レンジでチンして、溶けたら材料と一緒に混ぜるというためだけの物なのですが、これ見つけた時は感動でした!

オレンジの板でバターをカット出来るし、刺したまま器にも入れることも出来ます。バターを切ってレンジで溶かす時に、蓋付なのでバターが庫内に飛び散らないかひやひやすることもありませんし、何よりうれしいのは脂っぽいバター専用の調理容器があるということです。

説明書にはバターを溶かしたらポップコーンに注いで…と書かれていましたが、注ぎ口がちょっと小さめですが蓋を取って私はお菓子作りに使っています。

人によってはお菓子作りにレンジを使うなんてと思われる方もいらっしゃると思いますが、時間短縮のために私には欠かせないものとなっています。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »