« 韓国ドラマ 「イサン」 第5話から第9話まで 感想 | トップページ | 韓国ドラマ 「イサン」 第12話から15話 感想 »

韓国ドラマ「イサン」 第10話から11話 感想

さて、ソンヨン、テスがサンと出会えて、やっと一息したのもつかの間・・・サンの行動にさっそく非難が!

しかもサンの大叔父にあたるホン・イナンはなんと老論派だったのですね!!!母親の実家に逆賊がいたとは、ちょっとびっくりなんですけど。母の恵嬪(ヘビン)はあくまでも息子を信じるとbell

ヘビンは息子サンが次の王になることが、サンの天命であり、それが同時に亡き夫のため、さらには自分の目標ではあるのです。それはそれで素晴らしいのですが、今後その思いがねえ…時に方向が違ってしまうのが心配coldsweats01

黒幕中の黒幕である王妃は、密かに王様がサンをどう見ているのか探ろうと王宮殿へ出向きます。「信じておらねば当の昔に見捨てておる」という言葉に危機感を感じます。そしてサンを非難する重臣たちにも王様は

「一国の世継ぎであるぞ。その言葉は度が過ぎぬか!」
「もはや世孫が王になれぬと思っているのか?」

と大変聞いているこちらも胸のすくような言葉を言いますhappy01ちょっとここで王様を見直しました。

なんとしてもサンを排除していたい逆臣達はなんとここで王様の良心の呵責を利用してサドセジャへの一件を蒸し返すことを計画!!

中心となったのはサンの叔母であるファワンの養子チョン・フギョムbomb

テレビでの吹き替え版と字幕版両方見ていますが、字幕版のほうが悪人っぽいですね。吹き替えでも腹の立つ人物ではありますが、字幕版のほうがより私は嫌いですannoy

ちなみに王妃は吹き替えのほうが凄味があります…

サンは自分の護衛部隊があまりにも武芸に長けておらず、弓矢も満足に命中させられない情けないその姿に自ら先頭を切って武官達を鍛え直すのです。

少し前に王様はサンに「護衛部隊のだらしなさはお前のせいだ」と言いますが・・・これは半分当たっており、半分は王様のせいではないかと私は思うのですが・・・

どうしても武官になり世孫様を守りたいテスは主要な人物の一人となるあのホン・グギョンと出会います。いわば、テスを武官に合格させるための合格請負人のようなものでありますが・・・お勉強の苦手なテスのこと、もうまともに勉強するよりは、試験の回答をこっそりと見つけたほうが早いという結論になり(笑)ある兵曽判書から答えらしき言葉を盗ませます。

そこでテスが見つけた言葉が思いがけない展開に。

敵はサドセジャの護衛部隊が、定期的に墓参している機会を利用し、彼らを逆賊として捕えます。あくまでも逆賊ではないとかばうサンに王様は

「では死んだサドセジャは罪人か否か?」
「逆賊でないならばそなたが取り調べよ」

と言い放ちます。

フギョムは「気弱な性格が災いしてせっかくのチャンスなのに前に進めない」と・・・これね、ホント言い当たっています。今後のサンに起こる様々な困難をどうサンが処理していくのか、それを見る上で重要な言葉ですよ。お坊ちゃん育ちがここでは裏目に出ています。

・・・もうサンの印がジャガイモで作られた偽造なのかなんて吹っ飛んでいます(笑)誰か王様に進言してくれるといいのですがsweat01

|

« 韓国ドラマ 「イサン」 第5話から第9話まで 感想 | トップページ | 韓国ドラマ 「イサン」 第12話から15話 感想 »

韓流ドラマ」カテゴリの記事