« 韓国ドラマ「イサン」 第16話から18話 感想 | トップページ | エーザイの美チョコラを取り寄せました »

韓国ドラマ「イサン」 第19話から20話

王様は熱も下がり、峠は越えました。ファワンは薬の功勲により、宮殿へ呼び戻されますcoldsweats01

そして王様自ら下した宣旨(世孫を摂政とする)が伝わっていないことに驚き、都承旨を呼んだところ、都承旨は中殿へ報告。王妃自らが王様へ「国と世孫のために発布をさせなかった」と涙ながらに王様へ報告するのです。

しかし王様は宣旨を取り下げるつもりなし。

さっそく王妃と老論派(ノロンハ)の重臣達は会議をして、世孫がそれだけの器がないことを王様に見せようと画策します。

王様は世孫に「腹をくくれ」と告げます。。。。世孫様…前にもチョン・フギョムに指摘されたように、気の弱さが災いしてなかなか首を縦に振れずにいたのが、ようやく受け入れましたbell

早速世孫様は、専売商人の取り締まりに着手します。そんな時にソンヨンが茶母(タモ=下働きの女性)でありながら、図画署の絵を書いていることが密告されてしまいますsweat01署長様は「絵を描くことに身分は関係ない」と言い、画員たちは上奏文を作成しようとします。

世孫様はこの件を「ソンヨンが画員達の競技会に出て入賞すれば、正式にソンヨンを画員と認めるようにしたらどうか」と提案して、ソンヨンはコンクールに出ることになりました。

自信のないソンヨンに世孫様は「楽しい事を考えて描け。本来絵を描くということは楽しいことではないのか?」と励まします。過去にも未来にもこの世孫様の自覚のない優しさはソンヨンを救うこともあれば、受難となることもあるわけで…

さて、

競技会が始まりました。ここでなんとソンヨンの顔料が全て濁っていたのです~crying

こういうね、地位を低い女性相手にこういう意地悪をするとは…本当に器の小さい輩(チョン・フギョム関係者のカン別堤)ですbomb

ソンヨンは動揺しながらも世孫様に言われた言葉を思い出して、使える顔料(黒)だけで見事に描ききり、見事に入賞したのですpass晴れて一人前の画員をなれるソンヨン。おめでとう~!!

|

« 韓国ドラマ「イサン」 第16話から18話 感想 | トップページ | エーザイの美チョコラを取り寄せました »

韓流ドラマ」カテゴリの記事