ラミティエ@高田馬場

久しぶりに美味しいフレンチ食べましたrestaurant

お皿にドンと盛られた感じがフランスのレストランみたいでした。

食前酒で頼んだポルト酒。アルコール何%でしょうね。
Dsc01608

前菜でもけっこうなボリューム。サーモンとほうれん草のキッシュに葉っぱのサラダ、ニンジンのサラダのドレッシング美味しかった~
Dsc01611

仔牛のブランケット。ロックフォールのチーズが入っていたのでやや辛み(?)あり。ホワイトソースはパスタに絡めてもいい感じでしょうね。
Dsc01613

予約で1カ月待ちの人気店らしく混んでいました。コストパフォーマンスがものすごく良くて、メインは少し残してしまい、デザートも断念!でもまた行きたいです。


|

花仙堂@吉祥寺

先日お友達のMちゃんが吉祥寺まで来てくれました。

超超超久しぶりの吉祥寺なのだそうですshine

なので、メインの商店街を案内したり、中町から五日市街道、井の頭通り、井の頭公園周辺を案内しましたfoot

途中不動屋さんに入りこの近辺の物件を見てみたところ・・・結構いい値段しますね。大家さんも強気です(笑)ちなみに…私の家のあたりの家賃も見てもらったのですが、私の部屋の家賃も相応でしたmoneybag・・・家賃値下げ交渉したいと思ってたのに、はあ。。


約2時間ぶらぶらした後に丸井の近くにある「花仙堂」でお茶しました。久しぶりにイチゴのショートケーキを食べましたcake

Kasendo

普段歩き慣れている街を人に案内するのは不思議な感じです。


|

利久の牛タン

先月にオープンした吉祥寺アトレには仙台では有名な牛タンのお店「利久」が入っています。誰か一緒に行ってくれる人を探していたところ、友達のNさんが付き合ってくれることになり早速出かけてみました。

個人的には「何も好き好んで牛の舌を食べる必要あるのかな?」と思いますが、それでも牛タンの文字を見ると足を運びたくなってしまう不思議な魅力がありますshine


Rikyu2
一番ベーシックな牛タン定食。肉厚でたっぷりしています。


Rikyu1
二人で分けて食べました。牛タンのテリーヌ。


仙台では行くたびに必ず牛タンを食べていますtaurus。残念なことにまだ利久の本店には行ったことがないので、次回仙台へ行く時には並ぶのを覚悟して本店で食べたいと思いますrestaurant

|

荻窪でお刺身を食べる~

三鷹で長年営業していて駅前再開発に伴い荻窪に引っ越していった居酒屋に行きました。

三鷹にあったころは店主のおじさんのサービスの良さがうれしかったのですが、荻窪では普通の居酒屋並みとなってしまいましたcryingまあ、前が良すぎた感はありますけどね(汗)

それでも三鷹のころのような日本酒ぅ~、ビールぅ~beerという居酒屋ぁって雰囲気はあります。予約時にお刺身どうしますか?と聞かれて「はい、お願いします」fishと即答しました(笑)

Amembo2
これで二人分のお刺身盛り合わせです。


Amembo1
白エビのかき揚げ美味しかった・・・


写真の提供はNさんより。ワタクシの撮った写真すべてぼやけてましたsweat01

Nさんと久々だったのですね~よくメールしてるから久しぶりって感覚なかったけど、なんと3か月ぶりに会ったのだそうです。恐るべしガールズトーク!

・・・会話はお店の雰囲気とは違い美容の話や共通の友人の話などなど、気が付いたら4時間もひたすらビールとお刺身、お魚系のつまみで喋りしていました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山猫軒

先日阿佐ヶ谷にある「ラピュタ」に併設されている「山猫軒」にお友達のりりいさんとふじもんさんとお食事に行きました。

「ラピュタ」は初めてでしたが、宮崎駿の世界をイメージして造られた映画館らしく、そういうところが中央線沿線らしいというかなんというか・・・なのでこの「山猫軒」もフレンチレストランらしからぬ、どちらかと言えばカフェのような雰囲気のある有機野菜を使った料理が出されるお店でしたrestaurant中央線沿線でフランス料理屋さんと言えば荻窪というイメージがあるのですが、阿佐ヶ谷にもこんな素敵なお店があるのですね~!

前菜に夏野菜とイサキを使ったサラダ、メインに豚ロースのステーキ、デザート、コーヒー、全員でフルボトルの白ワイン1本を頼みました。私はフランス料理を食べに行って出される量の多さに最後はデザートを残してしまうことが時々あるのですが、このお店ではそんなこともなくちょうど良い感じになりました。無事に完食ですfull

りりいさんが食べているのを見て美味しそうだなあと思ったので、次回また機会があれば牛肉の赤ワイン煮込みと付け合わせのジャガイモのピュレを食べてみようと思いましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スペインワインで気分高揚!

恵比寿にあるスペインバル「ティオダンジョウ」でお食事しました。ワインが好きな友人のN美さんのお誘いです。メンバーにはワインエキスパートの資格を持つKさんとその友人も一緒でした。

そろったメンバーが「ワインと旅行が好き」のためそのあたりの話題で盛り上がりました!

今年の春から各ワインの飲み比べや、ワインと食事との相性を気にするようになったものの、まだまだ「ワインっておいしいわねえhappy01」程度なもので、スペインワインってあまり知らないしどんなものかと思いつつ、お料理もいわゆる変わり種ではなくて、スペイン人が普通にお店で食べるようなお料理ばかりを注文したので外れもなくなかなか美味しかったです。

ちなみに・・・今回はフィデウアというパスタを使ったパエジャを食べました。想像したのとは違ったパスタでしたが、個人的にはこういう一見焼きそば風のお料理悪くないとも思います(笑)ちなみにバカラオ・アル・ピルピルも食べてみたかったのですがその日は材料なしとのことでした。

このフィデウアとバカラオ・アル・ピルピルにはちょっとした思い出がありまして、これらのお料理&食材は口にすることあるのかな?なんて思ってましたけど・・・それよりもスペイン料理を食べようなんて気になったのが不思議です。やっぱりワインの力は大きいですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座レカンでランチしました

Getattachmententree
Mousse de poivron rouge et oursins
赤ピーマンのムースと雲丹のコンビネーション

Terrine
Millefeuille d'anguille en terrine, vinaigrette d'aigre-doux
高知県四万十産 鰻のミルフィユ
軽やかな酸味のソースエイグルドゥ

Poisson
Filet de turbot à la viennoise aux artichauts
青森県産平目のヴィエノワーズ
アーティチョークの香り

Viande
Noisette de chevreuile rôti, sauce povrade
大雪山よりエゾ鹿のロースト ポワブラードソース

Dulaitdecoco
Ile flottante de coco au café et fruit de la passion
ココナッツの浮き島 
カフェとパッションフルーツのムース

Dessert
最後のコーヒーと一緒に出されたプチガトー

ちなみにワインは
Le Chanpagne(シャンパーニュ)
René Geoffroy Cuvée L'écrin

Le Vin Blanc(白ワイン)
Josmeyer
Pinot Auxerrois 2007

Le Vin Rouge(赤ワイン)
Domaine du Colombier
Herimitage 1998

会社のOさんのお知り合いのお知り合い(ワインの先生)誕生日のお祝いの食事会に参加させていただきました。主催者の方がこちらのお店のソムリエさんとシェフと知り合いのために特別メニューを提供してくださったみたいです。個人的にはお魚(平目)料理の時のソースが美味しかったです。ソムリエさんにどうやってこのソースは作られるのか聞いてみたところ親切に教えてくださいました(でも作れない・・・)。

とてもとても優雅な時間を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10年来のレストラン

先日、友人のIさんと京橋にある「ドンピエール」でお食事をしました。

洋食屋さんでは有名なお店ですよね。オムライス好きの私には日本橋の「たいめいけん」と並ぶオムライスにおける二大聖地のひとつと考えています!restaurant

前にいた会社のAさんが「10年前から行きたかった恵比寿のフレンチレストランに行った」話を聞いた時に、「そういえば私にとってはドンピエールだなあ」と思いまして。。。これまでもなんだかんだと行かないでいましたが、行けるときはあっさりと行けるものですねfoot

さてさて店内はサービスも行き届いていて、お店の広さ、席数を考えると十分でした。

飲み物を注文すると、合わせて軽い前菜(オリーブとキッシュ)が出されました。キッシュはバターが効いて生地がサクサクしていてました。

しばらくすると、前菜で注文した「パルマ産生ハムのサラダ」が出されました。たくさんの種類の野菜が中にこんもりと盛られて、生ハムが周りを帽子みたいに形どったサラダです。この盛りつけ方は自宅でも真似したいかな~二人で前菜にしてはかなりボリュームがありました。トマトの甘さにびっくり!契約している農家さんとも交渉しながら仕入れているのだそうです(笑)またドレッシングの酸味も適度に抑えられていて生ハムの塩けとケンカしないのが素晴らしいですshine

続いてビーフオムライス、ビーフカレーの順番で料理が出てきました。実はどうせなら両方味わいたいね~ということで半分ずつにしたいとお願いすると快く一皿を二人分にしてもらえました。二つとも半分でも結構なボリュームでした。

ビーフオムライスはこのお店の看板メニューですcrown

昔ながらのライスを卵液でくるんだ形のオムライスです。卵の生地がとてもバターの香りが効いたふんわりと柔らかいものでした。中に入っているお米はお醤油で味付けされたものです。卵の生地に練りこまれたバターとお醤油のバランスがとても良いです。人によってはお醤油の味付けがしょっぱいと感じるかもしれないですが、もしここに甘さが入るとおそらく冷めた時にそれがくどくなるような気がするので、それを考えると丁度いいと思います。また牛肉も食べやすい大きさにカットされていて柔らかいです。一口食べると幸せ~な気分です。

ビーフカレーもお肉が柔らかくて(霜降りを使っているとことでした)、一口で口にするにはやや大きめのサイズにカットされていました。ルーは2日間煮込んだものだそうです。玉ねぎの甘みが出ていてコクのあるカレーでした。

ちなみにすべてのお料理にはスプーンとフォークが出されます。

最後にコーヒーとちょっとしたクッキーとチョコレートが一緒に出てきました。デザートのケーキ、タルトがどーんと乗ったワゴンは圧巻でしたが、かなりの量を食べたので今回は見送りましたweep

ついつい好奇心から「まかないは美味しいでしょうねえ~」とサービスの方に話すと、「見習が作るから味にムラが出たりするので、納豆とかそういうものも欠かしませんよ。」という答えでした。へえ~、そんなもんですかあ。

Iさんとも料理や美容の話でとにかく盛り上がりました。美味しいものを食べながらのガールズトークは時間がたつのもあっという間です。あ~、また来たいですね。とにかく人を気持ちよく食事させてくれるお店でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田うどん

週末に東京を離れて富士山のあたりに行っていました。

河口湖からお迎えのバスが来てもらえるので、車ナシでもラクチンですね。

そんな中、お知り合いのFさんからのメールで「河口湖駅の(カフェテリアのメニューにある)吉田うどんは美味しい」という一文を目にしたので、さっそく食べてみました。

私が頼んだのは「吉田キムチうどん」550円です。

・・・ところで河口湖駅ですが昔の面影はなくとてもきれいな駅に変わっていて、併設のカフェテリアもインターネットが無料で見ることが出来たりしてお洒落~になっていました。


話を元に戻します。


さっそく味見をすると、なんと美味しい麺ではありませんか!!!

まず、麺にコシがあります。人によっては硬いと感じるかもしれません。あと具ですが、きんぴら?と人参、キャベツの茹でたもの、キムチでした。なぜにキャベツ?と思ったところ、やはり固めの麺なので、消化を助けるキャベツは欠かせないのだそうです。それに盛り付けも、あの手の駅に併設されているお蕎麦のような「盛り付けていればいいでしょう」みたいな雑なものではなくきれいでそれも感心しました。

私はどちらかと言うと「うどん」よりも「蕎麦」派なので、あまりうどんの美味しいお店を知りませんが、駅に併設されているカフェテリアで美味しい麺を口に出来たのだから、多分あの界隈にあるうどん屋さんはみなレベルが高いでしょう。


ちなみに東京都内で美味しいと思ったお店ですが・・・東京国際フォーラムの地下に讃岐うどんのお店がありましたが、今はもうないみたいですね。残念!

さらに話を元に戻すと(笑)、河口湖駅のカフェテリアで先週末はきな粉のソフトクリームを味見しましたけど、これもなかなかのお味でした。立ち寄ることがあれば、一度中でお茶でもお食事でもどうぞお試しください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「オー・バカナル」のランチ

今ではすっかり有名どころには必ずあるこのレストラン「オー・バカナル」ですが、会社の近くにあるにも関わらずなかなか食べることが出来なくていつもパンを買うくらいでしたが、今日初めてランチを食べてみました。

最初はあまり期待してませんでした。周りの客層も外国人が割と多く、「要は自分たちの国のような雰囲気がするからなんだろうな」と思っていました。

私が食べたのは、「ハンバーグ・ブラックペッパーソース」でした。本日の赤坂店スペシャルメニューだそうです。バゲットしかサービスで出されなかったのですが、深めのお皿にマッシュポテト、茹でたインゲン、ハンバーグ、そしてデミグラスソースがかけてあります。マッシュポテトはしっかりとクリーム状になっていて、ソースの一部といってもよい感じです。ソースと混ざるとインゲンとの絡みが良い具合ですね。ハンバーグも小振りながらもある程度の硬さと厚みがあり、安いレストランで提供されるようなすぐに形が崩れてしまうようなこともなく、しっかりとナイフとフォークで頂きました。これにバゲット1/2本ついて890円!なかなかのコストパフォーマンスですね。

で、味はというと美味しいのですが、外国人のよく来る理由(特にフランス人はここ好きですよね)が分かりました。適度に塩味が効いているんですよ。日本人が好む甘みが一切なくて、だから人によっては好き嫌いがあるでしょうね。あと隣でお肉のローストを食べているお客さんのテーブルには、ディジョンのマスタードが素っ気無く置かれていました。あくまでもフランス流を貫いているんですね。

ランチでなかなかよい印象が得られたので、そうですね、次は夜にでも食事に来たいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)