フランス家庭料理レシピ 「タブレ」

Dsc01618


タブレはクスクスを使ったフランスのお惣菜で、日本のスーパーマーケットにあるポテトサラダのようなものです。

材料

クスクス  50g
ズッキーニ  50g
トマト  50g
パプリカ  50g
バター  ひとかけ(約10gくらい)
レモン汁   1/2個(お好みで)
お湯(コンソメキューブ溶かしたもの)  約50ml
胡椒  少々

野菜はその他パセリ、セロリなど生野菜ならお好きなものを!

作り方
1.沸騰したお湯にコンソメキューブを溶かす

2.器にクスクスを入れて1を注ぐ。蓋をする

3.野菜はすべてみじん切りにする

4.2にバターを加えて混ぜほぐす

5.4に3を加えて、胡椒とレモン汁を合わせる


*この時期口当たりよくさっぱりと何か食べたい時にはお勧めです。コンソメキューブを使わない時には、塩をクスクスに加えて下さい。

|

レシピ「アジのさっぱりマリネ」

Dsc01497

材料 2人分

アジ(3枚におろしたもの)   4枚
玉ネギ(小ぶりのもの)   1/2個
トマト(小さめ)   1個
レタス  好みで適量
片栗粉   適量
お酢(リンゴ酢)   大さじ2
オリーブオイル  小さじ2または大さじ1/2
お醤油 少々
みりん(またはハチミツ)  好みで少々
乾燥ハーブ(タイム、プロバンスハーブなど   少々
塩、コショウ 
フライ用の油  

作り方
1.アジは3枚におろしたものに軽く塩、コショウする。

2.器に片栗粉と乾燥ハーブを入れて混ぜる。

3.アジに2をまぶして、フライパンに油を多めにひいて両面焼く。

4.玉ねぎ、レタスは薄く切っておく。トマトは輪切りにする。

5.ボールにお酢と塩、醤油、みりん、オリーブオイルを入れて混ぜる。

6.マリネ用の器にアジ、その上に野菜を乗せる。

7.5をかけて出来上がり。


*マリネ液はお醤油とみりん(またはハチミツ)で味を調整してください。パンと合わせる時にはあまり甘みを出さずに、お米と合わせる時には甘みを出すと良いと思います。また調節に味の素を使っても美味しいです。一日置くとさらに美味しくなります。

|

レシピ「大根おろしとツナのスパゲッティ」

Dsc01162

材料 1人分

大根おろし  150g
ツナ  1/2缶
乾燥パスタ  100g
オリーブオイル  適量
醤油  適量
コショウ  少々
刻み海苔  適量

作り方

1.パスタを茹でる。茹であがったらざるに上げてオリーブオイル、コショウをまぶしておく。

2.お皿にパスタ、大根おろし、ツナの順に盛り付ける。醤油を適量かけて、刻み海苔で仕上げる。


|

レシピ「トマトと茄子のミルキーなカレー」

Dsc01154


材料 約5皿分

玉ねぎ 中1個
ひき肉  250g
にんにく  1かけ
茄子  2本
牛乳  約50ml
ホールトマト  1缶
ブイヨン 1個
カレールー  適量 

作り方

1.玉ねぎは粗みじん切りに、なすは一口大に、にんにくはみじん切りにする。

2.鍋にオリーブオイルを引いて、にんにくと玉ねぎ、ひき肉、茄子を炒める。

3.全体に火が通ったら、トマトとブイヨンを加える。

4.カレールーを好みの量で加えて更に煮込む。

5.牛乳を加えながら濃度と味を調える。


*水を一切使わないカレーです。最後の牛乳を加えなくても充分に美味しいですが、牛乳を加えることでまろやかな味になります。 

|

食事用まるパンレシピ

Dsc01141


材料 パン2、3個分


強力粉  100g
ドライイースト  2g(約小さじ1)
牛乳  70cc
砂糖  大さじ1
バター 10g


作り方
1.牛乳はレンジでほんのりと温かくなる程度に温める。

2.バターも柔らかくして、1と混ぜる。

3.ボールに強力粉、ドライイースト、砂糖を入れて混ぜる。

4.2を3に加える。

5.ビニール袋に4を入れてこねる。

6.粉っぽさがなり、つやが出てきたらレンジ弱で40秒チン(約1.5倍弱ほど膨らむ)。

7.再びこねて、発酵モードで10分チンする(大きさが約2倍になるまで発酵させる)

8.生地を2から3等分する。オーブンで210度、10分で焼く。


*いくつかの参考レシピから自分なりに作りやすいように改良しました。ビニール袋に入れてこねる時には、生地をビニールの開けた口に向かって生地をこねるようにしてください。叩く場合も同じです。

|

フランス家庭料理レシピ「チキンソテーとにんじんのグラッセ」

011

材料 2~3人分

鶏のもも肉 1枚
にんじん(中くらい) 1本
塩、胡椒
オリーブオイル
バター 10g
砂糖 少々
チキンブイヨン 1/2個

作り方

1.チキンソテーはNHKの「きょうの料理」のレシピで作りました。

2.にんじんを1口大に切る。

3.小鍋にニンジン、被るくらいの水、ブイヨン、バター、砂糖を入れて水気がなくなるまで火にかける。

4.焼きあがった鶏肉を大きめの一口大に切り、3のニンジンと合わせる。

*今回はチキンソテーのレシピの最後に書かれたソースにバターを入れました。付け合わせのディジョンのマスタードと一緒にして食べてみたら美味しかったです。


過去のレシピを見てみたところ、サラダソースのレシピがなかったので合わせて紹介します。


009


材料

サラダ菜やトマトなど 適量
オリーブオイル  スプーン3
マスタード  スプーン1/2
ビネガー  スプーン1
塩 少々

作り方

これらの調味料をすべて合わせて適当な大きさに切ったサラダ菜と合わせる。


|

きのこと牛肉のクリームソースのペンネパスタ

016
材料 1人分

ショートパスタ  70g
牛肉(スライスされたもの)  約50g
好きなきのこ  適量(好みで)
玉ねぎ(中)  1/4個
にんにく  1/2個
ベーコン 1/2枚

塩  少々
胡椒などのスパイス 少々
生クリーム  適量
にんにく醤油(普通の醤油でも可)  小さじ1~2杯
オリーブオイル  適量

パルメザンチーズ 適量


作り方
1.にんにくはみじん切りにする。あらかじめスライスされてある牛肉とベーコンは2枚に切り、向きをそろえて細切りにする。玉ねぎも薄切りにして、きのこは食べやすいように切る。

2.パスタを茹でておく。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱する。

4.3にベーコン、にんにく、たまねぎを入れて炒める。

5.4に牛肉を加えてさらに炒める。肉に火が通ったらスパイスを加える。

6.5にきのこを加えて塩、生クリーム、にんにく醤油を加える。

7.茹でたパスタを合わせてソースと馴染ませる。

8.お皿に盛りつける。パルメザンチーズをかけて出来上がり!


*先日の日記でのお約束どおりに家の冷蔵庫にあるもので作らせていただきました(笑)今回はキャトルエピスというナツメグ、胡椒、クローブ、ジンジャーを混ぜたスパイスを使いましたが、普通の胡椒だけでも大丈夫です。最後のパルメザンチーズはケチることなくたっぷり使いましょう!

*にんにく醤油ですが、ガラス瓶に皮をむいたにんにくを入れて被るくらいの醤油を注いで保存しているものです。2,3日で風味が出てきます。何でも使えるのでおすすめです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日のお昼ご飯「タコとオリーブのパスタ」

081103_131217_2
タコを使ったお昼御飯を作りました。レシピはこちらです。

材料 2人分

タコ 足1-2本
オリーブ 8-10個
茄子  1本
ニンニク 1かけ
オリーブオイル  適量
プロバンスハーブ 適量
白ワイン 適量 (なくても可)
パスタ 1人 80-100g

作り方
1.タコと茄子は適当な同じ大きさに切る。オリーブは半分に切る。ニンニクはみじん切りにする。

2.鍋にオリーブオイルとニンニク、オリーブを入れて弱火でじっくり熱する。香りが立ってきたら茄子を加える。

3.更にタコを加えて軽く炒めたら塩、ハーブ、白ワインを更に加えて炒める。

4.すでに茹でたパスタを加えて全ての材料をなじませる。


*今回はこれをパスタの具材に使ってみました。オリーブの実は今回はサーモンのスタッフドオリーブを使いましたが、黒オリーブでも何でも大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄米サラダ

夏の暑い時にさっぱりとお米を食べたい時にお薦めのこのレシピは、「タブレ」というフランスの家庭料理からヒントを得ました。「タブレ」は通常クスクスを使うのですが、今回は美人玄米を使ってみました。レシピはこちらです。

Dsc00712_4

材料                            
玄米  1/2合 
パプリカ(赤、黄など) 各1/4個
チェリートマト  8個
オリーブの実  6個
タマネギ  1/4個
バルサミコ酢  大さじ4
オリーブオイル  大さじ2から3(好みで)
塩、こしょう  少々
洋風マスタード 小さじ1


作り方
1. 玄米は軽く洗って水(適量)と塩少々と一緒に鍋に入れて、最初は中火で沸騰後は弱火で好みの硬さまで茹でる。茹であがったら、火を止めて玄米をざるにあげて冷ましておく。

2. パプリカは賽の目に、チェリートマトは4つ切りに、オリーブの実は輪切りに、タマネギはみじん切りにする。

3. サラダソースを作る。マスタード、バルサミコ酢、塩を混ぜ合わせたらオリーブオイルを加えて、ソースの状態が均質になるように混ぜる。

4. 大きめのボールに全ての材料を入れて、こしょうを軽く振って木べらでさっくりと混ぜる。


*いつもはマクロビオティックのお店でしか玄米は食べません。白米を時々茹でることはあるのですが、この美人玄米も普通の白米と同じように扱うことが出来るような気がします。また食感もほっくりとしていて、適度に甘みもありとても美味しいと思いました。

 

更に応用すると・・・
Dsc00717_2


サラダ菜にローストビーフとこのサラダを包みます。イタリアンパセリを1本をサラダ菜にくるりと巻いて手巻寿司風にアレンジしました。手巻寿司なので当然お醤油が入るわけですが、ここでは洋風のマスタードをつけながらお召し上がりください。和辛子に比べて辛味は少ないのですが、どうしても辛味が気になる場合は、バルサミコ酢を加えてみると辛さが抑えられます。

どうぞお試しくださいませ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チキンのココナッツミルクカレー

今回はじめて作りました。_003


材料
鶏のもも肉 1枚(約250g)
トマト 小さめのもの 2個
たまねぎ 1個
小茄子 3個
マッシュルーム 5個
ジャガイモ 1個
ニンニク 1かけら
ココナッツミルク 1缶
チキンのキューブ 1個
塩、胡椒 
カレーパウダー 小さじ1~大さじ1(好み)
オリーブオイル

以下はあってもなくても可
クミンパウダー
チリパウダー
オールスパイス
ローリエ 1枚

作り方
1.鶏肉は脂身を取り除き一口大に切る。
2.マッシュルームは笠を除いて4つに切る。トマトはヘタと中の種を取り除きざく切りにする。たまねぎは小さめに切り、ジャガイモも皮をむいて、茄子もヘタを取り6等分する。ニンニクは皮をむいて中の芯を除いて薄く切る。
3.鍋にオリーブオイルを引いて、軽く鶏肉の表面を焼いて取り出す。
4.軽く油を足してニンニク、茄子を炒める。
5.たまねぎを加えてしんなりとするまでよく炒める。
6.鶏肉を再び鍋に戻す。マッシュルームを加える。
7.トマトを加え軽く火を入れる。ココナッツミルクを流し入れてチキンキューブとカレーパウダーを加える。
8.7にジャガイモを加えて沸騰させる。
9.ジャガイモに火が通ったら、塩、胡椒などの スパイス類で味を整える。

今回このレシピを参考にして多少のアレンジをさせていただきましたが、フランス人レシピでのカレーの味付けは辛味はそれほどないですね(小さじ1/2でした)。なので日本人レシピではカレーパウダーは大さじ1杯は大丈夫かと思われます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)